個人がネットでお小遣い・副収入・本業を稼げるまでの方法を紹介

トップページ > Googleアドセンスで稼ぐ

GoogleAdSenseでストック型ビジネスが可能になる

スポンサーリンク

 

アドセンスとはグーグル社が手掛けるクリック型広告です。

 

自分が作ったサイトやブログにグーグルが用意した広告を貼り、その広告をユーザーがクリックすると報酬が発生する仕組みです(広告の閲覧数に応じても報酬が発生することもあります)。

 

成果報酬型であるアフィリエイトと比べ、報酬単価は低いのですが、報酬発生ハードルは低く、報酬額の差はあれ、比較的稼ぎやすい分野といえます。

 

また、広告商品を選定する必要はなく、グーグルが用意した広告タグを埋めておけば、自動的に親和性の高い商品の広告が表示される点も大きな特徴です。

 

コンバージョンを気にする必要がなく、どれだけ多くの人に自分のメディアを見てもらうかが大事になってきます。

 

本サイトでは「ストック型」のビジネスを推奨しています。それは、一度集金装置を作れば、以降は放置していても毎月収入が入ってくる仕組みのビジネスモデルなのですが、Googleアドセンスは比較的これが実現しやすいといえます。

 

それはアフィリエイト目的のサイトのように広告商品を限定する必要がないため、競合の少ない幅広いテーマのサイトを作ることが可能であり、そのためブルーオーシャンの市場で長期に渡り稼ぎ続けることが出来るからです。

 

アフィリエトは競合がひしめき、ある程度のテクニックがないと稼ぎ続けることは難しいです。「どうやれば売れるか」を気にすることなく、自分の好きな分野でメディアを作ることが出来るGoogleアドセンスは楽しみながら稼ぐを実現させてくれます。

アドセンスとアフィリエイトの違い

アドセンスとアフィリエイトの違いを項目別にまとめてみました。

 

SEOなどのノウハウに強く、決められた商品を販売するメディアを作るのが苦にならないのであればアフィリエイトの方が大きく稼げます。一方、報酬は低くても好きなジャンルのメディアを作り、競合があまりいない分野でコツコツ稼ぎたいという人はアドセンスが向いていますね。

 

項目 アフィリエイト アドセンス
報酬体系 商品の購入や応募登録(ASPによる承認) 主に広告のクリック
成果単価 商品により数百円〜数万円まで幅 1クリック数十円が平均
広告商品の選定 必要あり 必要なし
広告タグの貼り替え 掲載商品の広告主がアフィリエイトでの訴求を停止したら貼り替え 必要なし
競争率 同じ広告商品を扱うので競争率は高い 自由なテーマでメディアを作れるので低い
メディアのアクセス数と報酬額の相関 アクセスが多くても成果に至らなければ成果は0 アクセス数に比例してクリック報酬や閲覧報酬の額が増える
ASPのアカウント停止リスク 規約から外れたら停止されるケースがある 停止されることはほとんどない

グーグルアドセンスのやり方

グーグルアドセスを活用し、報酬を発生させるまでのステップを紹介いたします。

 

自分のメディアを作成する

アドセンスの広告を貼るインターネットメディアを作成します。ネットビジネス初心者であれば無料のブログサービスを利用してみるのもよいでしょう。

 

Googleアドセンスのアカウントを取得する

Googleアドセンス公式サイトからアカウントの登録を行います。自分の名前や振り込み先の口座番号、ステップ1で作ったメディアなどを登録します。

 

広告タグを発行し、サイトに張り付ける

メディア審査が通過したら広告タグを発行し、自分のサイトに貼り付けます。広告主の選定はグーグルが自動に行ってくれます。これで広告掲載スタート。報酬が発生する準備が整いました。

Googleアドセンスで稼いでいるサイトを調べてみた

実際にアドセンスで稼いでいるサイトにはどのようなものがあるのでしょうか?調べてみました。

 

スカッシュ.com


日本で唯一のスカッシュ専門の情報を提供すると銘打っているサイト。ほったらかしでもう数年間も更新していないにも関わらず毎月2〜3万円、年間にして20〜30万円稼げているそうです。

 

競合のいない分野で稼ぎ続ける。アドセンスのお手本のようなサイトですね。

 

あしたはもっと遠くへいこう


ワーキングホリデーについて役に立つ情報を発信するのがテーマのブログ。2015年9月現在は台湾で生活されているようです。

 

アドセンスの収支報告を書かれていますが、2015年3月は月間17万PVで7万円の収益。台湾でブログ収入10万円で生活しており、ネットの恩恵を十分に受け日々を満喫している様子が伺えます。

 

 

こうしてみるとアフィリエイトで稼いでいるサイトに比べコンテンツの自由度がとても高いことがわかります。自分の趣味や強みをビジネスにつなげやすいスタイルといえます。

Googleアドセンスで稼ぐメリット・デメリットと向いている人

メリット

・メディアのテーマを自由に設定出来、競争率の低い分野で稼げる
・報酬ハードルが低く、アクセス数に比例して報酬額が増える
・広告を張り替える必要がなく、手間がかからない

デメリット

・報酬単価が低い。大きく稼ぎにくい
・グーグルの都合でアカウント停止になるリスクがある

 

こんな人に向いています!
・自分が好きなテーマや興味のある分野でメディアを作りたい
・競争の少ない分野で長期的にコツコツと稼いでいきたい
・広告タグの貼り替えなど煩わしい作業はやりたくない

Googleアドセンスで稼ぐためのポイント

競争の少ないニッチや分野を狙おう

アドセンスの一番の長所は競争の少ない分野でも稼げるメディアを作れることだと考えています。アフィリエイトの場合は訴求する商品が決まっているため、競合サイトがひしめき合い、その中から抜き出るには相当なスキルが必要。

 

さらに、続々と新規の競合メディアが生まれ続けるので、長期的に稼ぎ続けることは難しいのです。

 

それに比べ、アドセンスは上記のスカッシュのサイトのように、扱うテーマ次第ではメディア完成後に放置してもずっと稼ぎ続けてくれることが出来ます。

 

この長所を生かしたメディア作りを心がけると良いでしょう。

 

魅力のあるコンテンツ作りに注力しよう

アドセンスの報酬はメディアのアクセス数に比例して増えます。そのため、何よりもアクセス数が増えるような魅力的なコンテンツを作ることに注力しましょう。

 

成果発生までの導線に苦心するアフィリエイトと異なる点でもあり、コンテンツの魅力作りに集中出来るのはアドセンスビジネスの良さでもあります。

 

そのためにも自分が詳しい分野や興味のあるテーマでメディア作りをするとスムーズに行く可能性が強くなります。

 

広告の掲載位置やバナーサイズをしっかりと分析しよう

グーグルの広告の位置は自由に設定できます。そして、位置やバナーのサイズによりクリック率は変化し、報酬も変わって来ます。

 

サイトが完成し、グーグルの審査が降りたら、しばらくは位置やバナーをテスト検証してみて、最適な位置とサイズを見つけてみてください。より報酬を増やすための大事なキーになります。

 

スポンサーリンク

 

■この稼ぎ方に興味のある人はこんな稼ぎ方もオススメ!
アフィリエイトで稼ぐ
ツイッターで稼ぐ
Youtubeで稼ぐ
ネットショップで稼ぐ

元手0から月収300万円稼ぐまでの3ステップを公開