個人がネットでお小遣い・副収入・本業を稼げるまでの方法を紹介

トップページ > 写真販売で稼ぐ

素人でもカメラ1台で稼げる仕組みとコツをお伝えします

 

今やプロの写真家でなくても、自分が撮った写真を、写真販売サイト(ストックフォトサービス)を通して販売出来る時代になりました。

 

ストックフォトとは、頻繁に使用されるであろうシチュエーションで予め用意された写真素材のこと。

 

例えば、一般企業がパンフレット用に、テレビ局が番組中に参考画像として流す用に使うといった具合です。

 

利用者は、使ってみたい写真を見つけたら、使用料を支払うことで利用が可能になります。

 

そして、その売れた写真が、自分で撮影したものであったなら、その使用料の一部を報酬として受け取ることが出来るのです。

 

以前は各企業とも自前でカメラマンを用意し、写真を撮っていました。

 

しかしながら、2008年のリーマンショックにより、各企業が経費節減のため、自前からストックフォトの購入に切り替え、需要がいっきに高まったとされています。

 

トップクラスのクリエイターになると年収1,000万円以上を稼いでいるとのことですから、真剣に取り組めばそれなりの額を稼ぐことが出来ます。

 

このページでは、撮った写真を売って稼ぐための方法をご紹介いたします。

 

 

スポンサーリンク

写真販売の値段相場と収入

写真は1枚どのくらいの値段で販売され、どの程度の収入が入ってくるのでしょうか。

 

例えば、国内のストックフォトサービス大手のPIXTA(ピクスタ)の場合、サイズによって販売価格が異なり、540円から3,780円までの幅があります。

 

そして、ダウンロードされる毎に売上が確定するのですが、クリエイターランクにより、売上の22〜58%がクリエイターへの報酬として支払われる仕組みです。

 

また、無料のフリー写真素材を提供する写真ACも稼ぎやすいです。

 

写真を無料で使用出来るということで、毎日3万点以上の写真がダウンロードされる人気サービス。通常の写真ならダウンロード毎に2.75円、人物写真の場合は5円ずつ報酬が発生します

 

さて、気になる収入ですが、写真販売を副業として行っている人が平均して稼いでいる額は月1〜5万円であると推定されます。

 

もちろんこれは平均なので全く稼げない人も入れば、トップクラスになると月100万円以上を稼いでいます。

 

実際に稼いでいる人のブログをまとめてみましたので参考にしてください。

 

ストックフォトな日々
2015年PIXTAクリエイターランキング販売金額6位に入賞したnakaさんのブログ。月収100万円超え。

 

ストックフォト生活
開始1年間で1400点の写真を販売し、月に5,000円〜10,000円程度の収入

 

ストックフォト日記。−AKIs Palette
海外のサイトでも販売し、毎月約30,000円程度の収入

写真販売サイトおすすめ比較

ストックフォトを活用して稼いでいる人は複数のサービスを併用している方がほとんど。

 

ここでは、多くのクリエイターが利用している写真販売サイトをご紹介いたします。

 

海外のサイトは英語表記のみのサイトもあり、登録が大変ですが、市場が一気に拡大するのでチャレンジする価値は十分にあります。

 

世界レベルで見るとトップクリエイターは年収2億円を稼いでいるというからすごいですね。

 

それぞれ無料で登録出来るので、まずは登録して、相性の良いサイトを選んでいきましょう。

 

国内のサービス

 

写真AC

無料のフリー写真素材提供サービス。無料提供だけに利用者も圧倒的に多い。ダウンロード毎に2.75円〜5円の報酬が入る。

 

PIXTA(ピクスタ)

国内最大手。 2,090万点以上の素材が用意されている。販売者向けサイト「PIXTA Channel」は必読。

 

Photolibrary(フォトライブラリ)

360万点以上の素材を1点108円から販売。売上額の50%(独占素材の場合、60%)がクリエイターの報酬となる。

 

Yourstock(ユアストック)

北海道に本社を置く。1点324円から販売。作品が購入されると、販売価格の20〜50%がロイヤリティとして支払われる。

 

FineShot(ファインショット)

静岡の会社。1点100円から販売。販売価格を自由に設定することが出来、利益還元率は60%。登録後3ヶ月は100%還元。

 

海外のサービス

 

Shutterstock(シャッターストック)

アメリカのサイトだが、日本語対応されている。毎週80万点以上の画像が追加され、10,000万点以上の素材がある。

 

Fotolia(フォトリア)

アメリカのサイト。日本語対応。6,800万点の素材が提供されている。会員は600万人以上。

 

Gettyimages(ゲッティイメージズ)

アメリカのサイト。日本語対応。コンテンツの質の高さに定評がある。8,000万点の画像を提供している。

 

iStockphoto(アイストックフォト)

カナダのサイトで日本語対応。マイクロペイメント(小額決済)の先駆け。会員は600万人以上。760万点以上の素材が提供されている。

 

123RF

香港の会社だが、東京に支社があり、日本語対応している。6,500万点以上の素材がある。

 

Dreamstime(ドリームズタイム)

アメリカのサイト。日本語非対応。5,000万点以上の素材がある。100円程度から購入でき、クオリティも高い。

写真販売サイトへの登録から報酬発生までの流れ

報酬発生までの手順をわかりやすくお伝えいたします。

 

ステップ1
写真販売サイトで販売者登録
※登録は無料
※登録後に身分証明書の提出が求められる

↓↓

ステップ2
利用規約確認や販売者講習
※著作権・肖像権などの権利や、素材に求められる要件について学ぶ

↓↓

ステップ3
撮影した写真のデータをアップロード

↓↓

ステップ4
運営会社による審査。合格すると販売開始

↓↓

ステップ5
写真が売れると報酬が発生。告知メールが届く

↓↓

ステップ6
最低換金額に達すれば、指定の銀行口座に振り込まれる

スマホや携帯で撮った写真を売るには?

ご紹介したストックフォトサービスのほとんどは、携帯電話やスマホ(iphoneやandroid)で撮影した画像をアップロードするのは禁止としています。

 

そのため、クリエイターのほとんどがデジタル一眼カメラを利用しています。

 

「そうはいっても、デジカメは持っていないし、買うお金もない」という方もいらっしゃるかもしれません。

 

実は、スマホアプリの中には、スマホで撮影した写真を販売出来るサービスもあり、まずはこちらから稼いでいくという手段もあります。

 

ここでは、スマホや携帯で撮った写真を販売出来るサービスを紹介いたします。

 

Instagram(インスタグラム)

海外セレブも利用している画像共有サイト。国内だけでも1,000万人以上が利用しています。オンラインマーケットプレイスで販売出来、1回の投稿で180万円稼いだ22歳のアメリカ人も。

 

Foap

写真を投稿すると「Foap MARKET」という写真販売サイトへ自動で登録される。購入されるごとに5ドルの収入を得ることが出来ます。

 

Fotolia Instant

「Fotolia」が手掛ける、スマホの写真素材を扱ったマーケットプレイス。投稿後、審査を受けて承認されれば販売開始となります。

 

Scoopshot

事件性の高い画像の販売に特化したサービス。スマホを片手に出かけ、事件があったら激写。毎月100万円程度稼ぐユーザーもいるそうです。

 

Snapmart(スナップマート)

日本のサービス。スマホで撮った写真を1枚100円で販売出来る。価格は、本人確認書類を提出することで、最大1,000円まで設定することが可能です。

 

スポンサーリンク

年収1000万円の素人写真家に学ぶ

ここでは、写真販売で成功している人から学んでいきましょう。

 

東洋経済に、月収80万円を稼いでいるクリエイターの方の記事がありました。

 

年収換算すれば、960万円。2014年11月の記事ですから、現在は既に1000万円を超えていることでしょう。

 

この方(Tさん)は40歳の男性で、東証1部上場の金融会社に勤めていましたが、現在は退職し、写真販売で生計を立てているそうです。

 

2007年5月に「PIXTA」にクリエイターとして登録。

 

以後、3万8000点の写真を投稿し、クリエイターランキングは4位に位置しているとのこと。

 

そんなTさんはトップレベルのクリエイターになったポイントとして次の点を挙げています。

 

・風景ではなく、モデルを使った人物中心の写真で勝負することに切り替えた

 

・自分の趣味で撮るのではなく、顧客志向でのマーケティングを徹底する

 

・自宅を拠点に、ピクスタの協力で派遣されるモデルを呼び、売れ筋になりそうなテーマの写真をどんどん撮る

 

一番のポイントは、ニーズのある写真を徹底的にリサーチし、追及しているということでしょう。

 

プロの腕前があったとしても、ニーズのない写真であれば売れることはないというわけです。

 

どんなビジネスでも当てはまることですが、買い手側がどのような商品を望んでいるかに焦点をあて、そこに注力をするべきなのです。

写真販売で稼ぐコツ

ではここで、写真販売をして利益を生み出すためのポイントを挙げていきます。

 

利用者ニーズのリサーチを常に怠らない

「ストックフォトを活用している人は、どのような写真を欲しがっているのか?」この意識を常に忘れてはいけません。利用者の立場に立って、考えるクセをつけましょう。

 

例えば、企業がパンフレットで使う写真として買う、編集者が雑誌やフリーペーパーのイメージカットとして買う、ホームページを運営している個人が見栄えをよくするために買うなど、様々なケースを想定するのです。

 

そんな時、とても重宝出来るのが、既にお伝えしたPIXTA Channelというサイトです。

 

ピクスタがクリエイター向けに用意した情報サイトで、クリエイターにとって役立つ情報がてんこ盛りです。

 

このサイトでは、全国各地で実施している撮影セミナーの告知や、今、求められている写真のテーマ、売れ筋情報などたくさんの情報が日々更新されています。

 

むやみやたらに撮影しても、お金になるわけではありません。

 

しっかりと戦略を立てるようにしましょう。

 

ライバルが少ないジャンルを狙う

人気のカテゴリーは当然、競合も多いです。リサーチが出来たら、今度は差別化を図る工夫をしていきましょう。

 

あまり人がいかない場所、もしくは行けない場所の写真。ニッチなジャンルのニーズを拾った写真など、他の人がマネ出来ない写真を狙って撮影していくのです。

 

また、モデルを使った人物写真というのも、簡単に他の人が出来ることではありません。

 

そういった意味では、モデルになってくれる人が周囲にいてくれる人は、それだけで有利であるといえますね。もちろん、その場合、モデルさんに許可を取る必要があります。

 

量を増やして、販売写真の数を増やしていく

質の担保が出来たら、後は販売写真の量産に入ります。

 

この手のサービスは圧倒的な量を投稿することが、トップクリエイターとして一歩抜け出すための、必須条件になります。

 

一定の収入額になるまで、没頭して作業をこなす必要が出てくるでしょう。

 

質と量がうまくかみ合えば、後は雪だるま式に収入が増えていきます。

デジタル一眼で綺麗に撮るポイント

お伝えしてきたように、ストックフォトサービスを利用して稼ぐには、技術よりもマーケティング力が重要になります。

 

とはいえ、前提として写真自体は最低限のクオリティを保たなければいけません。

 

ここでは、キレイで見栄えのする写真を撮るためのコツをお伝えいたします。

 

総合的なポイント

 

・写真の主役を決め、そこにしっかりピントを合わせる

 

・野外撮影の場合は、光がたっぷりある場所・時間帯にする

 

・光の当たる場所を意識することで雰囲気が変わってくる

 

・主役を正確に撮るには望遠側、広い範囲を写すには広角側で撮る

 

・撮る角度により印象が変わるので、アングルにこだわる

 

・切り取る視点を変えることで、被写体の魅力を引き出すことが出来る

 

人物をキレイに撮るためのポイント

 

・主役の顔、特に目にピントを合わせるようにする

 

・いろいろな角度から撮影して、異なる印象を与える

 

・ズームレンズの倍率を変えることで、異なる印象を与える

 

・余分な背景を整理して、人物の表情を引き立たせる

 

・逆光になった場合、昼間でもフラッシュを発光させる

 

・雰囲気重視の場合、暗い室内でも、フラッシュはオフにする

 

・子供を撮影する時は、リラックスさせて、その表情を撮る

 

・全身を撮影する時は、バランスよく見えるベストなアングルを探す

 

・バストアップは少し上から撮影すると、すっきりと小顔に見える

 

風景を上手に撮るポイント

 

・何が主役なのかをしっかり決めて、構図を固める

 

・地平線や水平線はラインを画面と並行にする

 

・空の撮影は広角ズームレンズを使うことで、スケールの大きな写真になる

 

・ホワイトバランス補正の設定を調整し、鮮やかな色を引き出す

 

・時間や見るポイントを変えて、美しい一瞬を引き出す

 

・夜景を撮る時は、フラッシュを「発光禁止」に設定し、夜景用モードにする

 

静物を上手に撮るポイント

 

・接写専用の撮影モードに切り替え、フラッシュは「発光禁止」にしておく

 

・手ブレに注意し、三脚を使うか、台の上に両肘をつくなどして、カメラを安定させる

 

・遠望側か広角側か比べて、印象の良い方で撮る

 

・白い紙などで光を反射させて明るくすると、自然で美しい仕上がりになる

 

・主役を決めて大胆にフレーミングをすると面白い画像になる

まとめ

写真販売で稼ぐには、芸術性は全く必要がなく、「使い勝手の良い画像を提供する」ことが肝心であるということをしっかりと理解することが大切です。

 

キレイに撮れる基本的なテクニックを身につけた後は、「どのような写真が求められているか」を徹底的にリサーチすることに全力を注いでいきましょう。

 

このマーケティング力というのは、どんな「稼ぐ方法」にも当てはまるものです。

 

試行錯誤を繰り返しながら、提供素材が積みあがっていけば、その素材はあなたにとって資産となり、自動的にお金を生み出してくれます。

 

根気が必要な稼ぎ方ではありますが、撮るのが好きな人は是非チャレンジしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

■この稼ぎ方に興味のある人はこんな稼ぎ方もオススメ!
知識・スキルで稼ぐ
イラスト・デザインで稼ぐ
LINE(ライン)スタンプで稼ぐ

「お金持ち脳」を作るおすすめの無料講座開講中!

私が月300万円を稼げる大きなきっかけとなったのは、ファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座」でした。

講座では、お金の「10の教養」「10の仕組み」についてレクチャーしてくれます。お金の考え方が180度変わった日で、収入額に関係なくお金が貯まる脳構造になるでしょう。

講座は東京・大阪・京都・愛知で無料で定期的に開催。毎年千人ほどが受講しています。詳細はコチラ

月収300万円までのステップと稼ぎ方を公開中