個人がネットでお小遣い・副収入・本業を稼げるまでの方法を紹介

トップページ > 電子書籍で稼ぐ

電子書籍で自費出版する魅力はコストの安さと印税の高さにある

スポンサーリンク

 

 

2014年度の電子書籍市場規模は前年比35%増の1,266億円。出版不況が続くなか、電子書籍の市場は毎年大きな伸びを記録しています。

 

そんな中、大きなトピックスとなったのが、アマゾンにおいて、2012年に開始したKindle Storeをプラットフォームにした個人電子書籍出版サービス「キンドル・ダイレクト・パブリッシング(KDP)」です。

 

インターネットを通しての自費出版がより身近になったのです。

 

ネットを活用した自費出版の良さは何といっても、「出版コストの安さ」と「印税の高さ」の2点に尽きます。

 

紙代や印刷代は一切かからず、完成原稿をアップロードするだけ。

 

そして、通常の本だと印税はだいたい7%くらいなのに対し、アマゾンのキンドルの場合は最大70%。つまり売れた部数が紙の本の10分の1だとしても、収入は同じというわけです。

 

ここでは、電子書籍を作成して稼ぐコツを伝授いたします。

 

■このページの目次
・【売れる?売れない?】電子書籍を出版した作者の収入を調査
・電子書籍の作り方と売る方法
・作家業に専念したい人は出版代行サービスの「パブフル」がおすすめ
・電子書籍で稼ぐメリット・デメリットと向いている人
・電子書籍で稼ぐためのポイント
・まとめ

【売れる?売れない?】電子書籍を出版した作者の収入を調査

実際、電子書籍を販売した人は、どのくらいの収入を得ているのでしょうか?様々な情報を拾い、集めてみました。

 

ちきりんさん【450万円強】

人気ブログChikirinの日記を書いている社会派ブロガー、ちきりんさんは、Kindolで「「Chikirinの日記」の育て方」という電子書籍を2013年11月に発売しました。

 

その結果、発売1年後の売上は下記の通り。

 

・ダウンロード1万部
・印税収入450万円強

 

これは、紙の本を出す時の比べ、部数は3〜5分の1、収入はやや少ない程度とのことです。

 

「Chikirinの日記」の育て方

 

鈴木みそさん【1000万円】

キンドルでの自費出版の成功事例として挙げられるのが、漫画家の鈴木みそさん。

 

2013年に9作品を販売しました。その結果は下記の通り。

 

・ダウンロード5万8,706部
・印税収入1,000万6,057円

 

6万部程度売れれば、年収1,000万円が見えてくるということですね。

 

ナナのリテラシー1 (Kindle Single)

 

 

その他、電子書籍出版にチャレンジした人たち

 

いちブロガーである自分がAmazonで電子書籍を出版した結果wwwww
2014年10月14日に出版。ツイッターやブログで公開し、10月31日までの収入は17万3,375円

 

必ず結果がでるブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える"俺メディア"の極意

 

自分1人で執筆・編集した電子書籍が半年で183冊売れた
2015年7月に販売開始。250円×印税70%×183冊=3万2,025円の収入。

 

23歳ゆとり、1年半で会社を辞めました: 新卒入社から3年以内の退職を考える

 

当然ながらある程度ネームバリューがあった方が良いのはいうまでもありません。
但し、全く無名の方でも、タイトルや内容のインパクト、宣伝の仕方により、一定の収入は確保出来るようです。

 

スポンサーリンク

電子書籍の作り方と売る方法

ここでは、アマゾンのキンドルをプラットフォームにした手順をご説明いたします。

 

Kindle ダイレクト・パブリッシングに登録する

最初に、Kindle ダイレクト・パブリッシングに個人情報を登録します。

 

1点ややこしいのが、税に関する情報について。

 

アマゾンはアメリカの会社のため、出版した本が売れると、アメリカの税金が源泉徴収(30%)されてしまうのです。私たち日本人の場合、税金は日本で納めるので、これを防がなければいけません。

 

アメリカの税当局に申請し、アメリカの納税者番号を取得。それをアマゾンに届ける必要があります。

 

原稿と表紙のデータを用意し、ファイルをアマゾン指定のmobi形式にする

原稿を書いた後は、ファイル変換しなければいけません。こちらも多少苦労します。

 

例えば、ワープロで書いた文章をmobi形式にするまでには、下記のような流れになります。

 

ワープロ(.doc)→テキスト(.txt.)→ePub(.epub)→Kindleフォーマット(.mobi)

 

ePub(.epub)はでんでんコンバーター、Kindleフォーマット(.mobi)はKindleプレビューツールを活用します。

 

Kindle ダイレクト・パブリッシングにデータをアップロードし、出版手続き

アップロードをした後は、価格設定や販売ページの紹介文を書きます。

 

その後、アマゾンの審査があり、48時間以内に返答が。審査が無事終われば、販売開始となります。

作家業に専念したい人は出版代行サービスの「パブフル」がおすすめ

先述したように、キンドルで電子書籍を販売するには、技術的にも手順としても少しややこしく、苦労する人が多いです。

 

これらの手続きが面倒で、コンテンツ作成だけに集中したいという場合は、出版代行サービスのパブフルを活用すると良いでしょう。

 

パブフルはメニューによりますが、安価でかなりの部分を代行してくれるので、かなり便利。わからない事は専門の業者に任せてしまうべきです。

 

パブフルが提供するサービスのメニュー一覧

 

表紙作成プラン(9,800円)
・表紙画像の作成

 

電子書籍出版プラン(29,800円)
・表紙画像の作成
・KDPアカウントの取得
・テキストファイルのキンドル最適化
・文章の校正(誤字脱字のチェック)
・EIN(米国での法人番号)の取得
・著者ページ登録
・自社SNS及びホームページへの掲載
・出版後2ヶ月の無料改訂

 

パブフルサポートプラン(49,800円)
・表紙画像の作成
・KDPアカウントの取得
・テキストファイルのキンドル最適化
・文章の校正(誤字脱字のチェック)
・EIN(米国での法人番号)の取得
・著者ページ登録
・自社SNS及びホームページへの掲載
・出版後2ヶ月の無料改訂
・POD(プリントオンデマンド)出版
・ISBNの交付
・JANコードの交付

電子書籍で稼ぐメリット・デメリットと向いている人

メリット

・一度作成して販売すれば、その後定期的な収入が見込める
・販売した本を媒介に自分のサイトへの誘導など自分ブランディングの構築にもつながる
・紙の本で販売するより、コストや安く、印税率も高い

デメリット

・ヒットしなければ、売上0円の可能性もある
・販売プラットフォームに依存してしまうケースがある
・出版までの準備が少し面倒

 

こんな人に向いています!
・文章を書くのが好きで、人より優れた知識や体験がある人
・定期的な収入源(ストック型ビジネス)を構築しておきたい人
・既に他のメディアを通じて、ある程度のファンが付いている人

電子書籍で稼ぐためのポイント

売れているジャンルを事前にリサーチする

どのジャンルの電子書籍が人気なのかを事前に調査したうえでコンテンツを確定させましょう。

 

ちなみに、少しエッチな表紙のライトノベルは人気がある分野の一つ。また、「絵本」は比較的単価が高く、1冊あたりの報酬も当然アップします。

 

表紙やタイトルなどのパッケージに注力する

いくら良い内容の文章を書いても、購入してくれなければ意味がありません。

 

電子書籍の場合、ジャケ買いしてくれる人も多いので、表紙や本のタイトルについては、しっかりと準備をするべきです。

 

表紙に自信のない方は、先述のパブフルの他、ココナラランサーズなどで本業のイラストレーターに頼むのも良いでしょう。

 

販売後の宣伝はとても大切

販売が開始すれば勝手に売れるかというと、よほどのことがない限り、そうではありません。

 

その後はしっかりと宣伝していくことが必要。ツイッターやフェイスブックなどのSNSで拡散させたり、ブログに書き込んだりして地道な宣伝活動を行っていきましょう。

まとめ

電子書籍を作成して収入を得る醍醐味というのは、何といっても趣味と実益を兼ねることが出来るという点でしょう。

 

基本的にはどんな内容のコンテンツでも書けるので、リサーチはもちろん必要ですが、基本は自分が興味があり、書いていて楽しくなるジャンルに取り組むべきです。

 

例えば、地下アイドルの写真集や旅行の体験記、グルメ評価など何でも商材に出来てしまう楽しみがあります。

 

スポンサーリンク

 

■この稼ぎ方に興味のある人はこんな稼ぎ方もオススメ!
知識・スキルで稼ぐ
アフィリエイトで稼ぐ
セルフブランディングで稼ぐ

元手0から月収300万円稼ぐまでの3ステップを公開