ナースが効率よく副業でお小遣い稼ぎをするための方法をご紹介します

トップページネットで稼げるようになるコラム集> 看護師が副業でお小遣いを稼ぐ方法

看護師が資格を生かして効率良くお小遣い稼ぎをする方法

 

 

 

年収が高い反面、労働時間が不規則で過酷なお仕事という印象を持たれる看護師。

 

但し、看護師の方の中にはクリニック勤務等規則正しい勤務スタイルを選択している方もいらっしゃいます。

 

自分の時間にまだ余裕がある方の中には、「副業をして自分の年収をもっと増やしたい」と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そのようにお考えの方は、せっかく保有している看護師の資格を生かさない手はありません。

 

看護師の資格は副業を行うにあたって大きな付加価値となり、より高い報酬が見込めるからです。

 

このページでは、ナースがより効率的に稼げる副業を7種類紹介しています。

 

看護師資格があるだけで十分に強みとなって稼げる「初級編」と、看護師資格に加えてプラスアルファのスキルが必要な「上級編」の2種類に分けてみました。

 

また、最後に気になるであろう、「副業が勤務先でバレないようにするためのポイント」も併せてご説明しています。

 

ご参照頂ければ幸いです。

 

 

スポンサーリンク

【初級編】看護師資格を生かして稼ぐ5つの副業

看護師資格を持っていることがそのまま強みとなる副業の方法を、5つご紹介いたします。

 

看護師の単発アルバイトで稼ぐ

 

看護師資格を生かして稼げる副業の中で、最も効率よく稼げるのが、看護師としてアルバイトで働くということになるでしょう。

 

看護師専門の派遣会社に登録しておいて、都合の良い時間にアルバイトをして稼ぐのです。

 

特に働きやすい看護師のアルバイトとして、以下のような種類があります。

 

  • イベントナース
  • 採血バイト
  • 健診バイト
  • 夜勤バイト

 

この中で最も時給が高いのは、夜勤バイト1回あたり3万円〜4万円ほどもらえる求人があります。

 

お小遣いと考えたとしてもなかなかの額ですよね。週1回ペースで月4回働けば、12万円〜16万円ほどの臨時収入になります。

 

クリニック勤務の方は休日前の夜に働いてみると、本業にも影響を与えないのでおすすめです。

 

オススメの看護師専門人材会社

  • MCナースネット
  • 単発バイトに強く、Wワークをしたい看護師に人気。高額夜勤バイトもあります。

     

  • ベネッセMCM
  • 関東・関西・東海の方限定。「単発」「期間限定」などの項目で絞り込めます。

 

「タイムチケット」で稼ぐ

 

タイムチケットとは、30分単位で個人の時間を売買するサービス。

 

出品者は購入者に対して、買われた時間の範囲内で、スキルや特技を使ったサービスを提供するという仕組みです。

 

また、購入者とのやりとりは、お互いに直接お会いして行うのが基本となっています。

 

すでに看護師さんが様々な出品をしています。以下、実際に販売している事例です。

 

  • 夜勤明けハイテンションな看護師とお昼ごはん(60分2,000円)
  • 精神科看護師の僕が、何でも相談にのります(60分2,000円)
  • 旅好き好奇心旺盛の看護師と楽しく話しましょう(60分2,000円)
  • 現役看護師がお話お聞きいたします。雑談でもOK(60分3,000円)
  • 看護師&心理士があなたのお話をじっくり聴きます☆(60分3,000円)

 

タイムチケットの場合は、購入者との会話を商品にしている人がほとんどですね。

 

時給換算すると一般的なアルバイトより数倍高く設定出来、スケジュール管理もしやすいです。

 

人と会うのが好きな方におすすめです。

 

タイムチケットの公式ホームページはコチラ

 

「ココナラ」で稼ぐ

 

ココナラとは、自分の知識やスキルをインターネット上で販売出来るオンラインマーケット。

 

「似顔絵を描きます」「占いをします」など自分の特技を生かして、商品を出品。出品者は商品内容と販売価格(500円以上)を自由に設定できるのです。

 

近年利用者が増加している注目のサービスです。

 

実は看護師の方も、資格を生かして様々な商品を出品しています。以下、看護師の方が実際に販売している商品の事例です。

 

  • 精神科看護師です。悩み・健康相談等についてお聞き致します(2,000円)
  • 看護師です。健康問題他について御相談承ります(2,000円)
  • 看護師になる方法をお教えします(1,000円)
  • 看護師主婦あっちゃんのメールカウンセリング(500円)
  • 助産師が看護学生、助産学生の実習などの悩み相談に乗ります(500円)

 

基本的には看護師資格を生かした相談やアドバイスということになります。「小児科看護師による子供の健康相談」など専門性を持たせると需要がさらに高まりますね。

 

あまり時間を取られずに、自分のペースで続けられるのがメリットです。

 

ココナラの公式ホームページはコチラ

 

「ストアカ」を利用して看護関連の講座を開いて稼ぐ

 

ストアカとは、教えたい人と学びたい人をマッチングさせるサービス。

 

教えたい人は、ストアカに講座の内容を告知。学びたい人は、ストアカにアクセスして参加したい講座を探して応募。レッスン料を支払って講座を受けるという流れです。

 

教えたい人はレッスン料を受け取ることが出来、運営側の手数料10%〜20%を差し引かれた額が支払われます。

 

看護師資格を生かした内容の講座を行い、レッスン料収入を得るという方法です。

 

看護師さんの中には、この方法で既に講座を開設している人がいます。以下、事例です。

 

  • 初めてのエンディングノート作成講座(2時間 2,000円)
  • 精神科看護師が教える「ストレスに負けないマインド」(80分 1,500円)
  • 精神科看護師が教える、上手な「はなしかた&ききかた」講座(90分 1,500円)
  • 看護師が教える、ファスティングセミナー(2時間 2,000円)
  • キャリア迷子のための処方箋<看護師・看護学生編>(90分 1,000円)
  • 妊活はじめの一歩【女性参加限定講座】(150分 4,000円)

 

「看護師が教える〜」というのは、一般人にとって非常にささり説得力が増しますね。

 

この稼ぎ方のメリットは、生徒の人数が多ければ多いほど効率よく稼ぐことが出来るという点。

 

例えば、「2時間 2,000円」で設定した講座に生徒が10人参加した場合のレッスン料合計は20,000円。運営側の手数料を引いても16,000円〜18,000円の収入が見込めます。

 

通常のアルバイトの時給に比べると、とても効率が良いということがおわかりいただけることでしょう。

 

ストアカの公式ホームページはこちら

 

看護師ウェブライターで稼ぐ

 

ウェブライターとは、インターネットで公開する記事を書いてお金を稼ぐお仕事です。

 

ネット限定のニュース記事やキュレーションサイトの記事などは、ウェブライターが執筆しています。

 

ライターは専門的な知識を持ち、専門性の高い記事を書ける人が重宝されます。そして、医療関係の記事をかける看護師のライターはとても貴重です。

 

ウェブライターの仕事は、クラウドソーシングサービスに登録して探すことが出来ます。

 

クラウドソーシングサービスとは、仕事をお願いしたい人・企業と仕事を受けたい人をインターネット上でマッチングさせるサービスです。

 

最大手のランサーズでチェックしてみると、看護師に関する記事を書ける人の報酬は、1記事2,500文字以上で5,000円〜50,000円。相場から比べると、かなり良い金額です。

 

在宅で自分のペースで取り組めます。空き時間を使いスマホを使って文章を打ち込んでいくということも出来ますね。

 

看護師だからこそ付加価値がつくお仕事というわけです。

 

興味のあるかたは複数のクラウドソーシングサービスに登録しておき、良い案件から優先的に取り組むようにすると良いでしょう。

 

オススメのクラウドソーシングサービス

  • Bizseek(ビズシーク)
  • 手数料が業界最安。その分、高い報酬をゲットすることが出来ます。

     

  • ランサーズ
  • クラウドソーシング最大手。ここは必ず登録しておきたいところです。

     

  • サグーワークス
  • 記事特化型のクラウドソーシングとして、日本最大級。

【上級編】看護師資格+αで稼ぐ3つの副業

看護師の資格に加え、プラスアルファのスキルを身に付けてより大きく稼ぐお仕事です。

 

但し、スキルが伴っていないと売上がゼロの可能性もあるので、それなりの時間を投下する必要が出てきます。

 

ラインスタンプ販売で稼ぐ

 

日常、ラインでスタンプを利用している看護師の方も多いことでしょう。

 

実は、スタンプは自分で作成して販売することが出来ます。「クリエイターズスタンプ」という名称です。

 

そんなラインスタンプで人気のジャンルなのが、いわゆる「職業系」と呼ばれるスタンプ。利用する職業を想定して、特定の仕事で働いている人が利用しやすいスタンプを提供するのです。

 

つまりは、看護師が「日常使ってみて便利だな」と思うスタンプを作成して、商品化して売るというわけです。

 

アイディアと多少の絵心が必要です。

 

但し、イラストについては先述したランサーズなどのクラウドソーシングサービスを使い、プロのイラストレーターに仕事を依頼するという方法もあります。

 

クリエイターズスタンプを作成しているトップレベルのクリエイターは既に報酬が1億円を超えている方もいらっしゃいます。

 

売上が0の場合もあれば、1億円も不可能ではないというかなり振れ幅の大きい副業です。

 

看護師向けスタンプの実例

実際に、看護師さんをターゲットにしたスタンプはいろいろな種類のものが売られています。「心電図」スタンプなんて斬新ですね。

 

 

他のスタンプと比較して、アイディアなのか、絵なのか、使い勝手の良さなのか等どこに強みを持たせるかが今から参入するにあたり、大事なポイントといえます。

 

【関連記事】ラインスタンプ販売で稼ぐ方法

 

アフィリエイトで稼ぐ

 

アフィリエイトとは、自分で作ったホームページやブログに広告を掲載し、訪れたユーザーが広告経由で商品を購入したりサービスを申込んだりすると報酬が発生するお仕事です。

 

元手をほとんどかけずに取り組めるので、副業の中でも人気のお仕事です。

 

但し、ライティングスキルや検索上位に表示させるSEOに関する知識や経験が必要。月収1,000万円稼ぐ人がいる一方、ほとんどの人は1円も稼げずに撤退してしまうという厳しい世界です。

 

よって、取り組むのであれば最初の半年間は無報酬を覚悟して、ひたすらサイトやブログを作り込む作業をする覚悟が必要になります。

 

看護師の方にアフィリエイトをおすすめするのは、広告主の中に看護師転職の会社があり、いずれも報酬単価が高いためです。

 

1件の登録につき1万円程度の報酬が相場になっていて、毎月10件の登録が発生すれば月収10万円が見込めます。

 

そのためには、看護師の仕事に詳しいコンテンツ作りが必要で、実際に働いている看護師の方が手掛けるのが一番最適なのです。

 

お伝えしたように、決してすぐ簡単に稼げるわけではありませんが、コツコツ取り組むことで将来的に大きな資産になる可能性を秘めています。

 

最初に、アフィリエイトの仲介会社に登録し、どの広告主の案件を扱うか検討してみましょう。

 

オススメのアフィリエイトの仲介会社

  • エーハチネット
  • 最大手で広告主も最多。「エーハチキャンパス」では手法が学べます。

     

  • afb
  • 利用者満足度1位。丁寧なサポートが魅力です。

     

  • アクセストレード
  • エーハチネットに継ぐ規模。独自案件も多数保有しています。

 

【関連記事】アフィリエイトで稼ぐ方法

 

電子書籍販売で稼ぐ

 

タブレット端末で読める電子書籍リーダーが普及し、電子書籍を読む文化がすっかり定着しました。

 

電子書籍リーダーの「キンドル」を提供しているアマゾンが、個人でも電子書籍を販売出来る「キンドル・ダイレクト・パブリッシング(KDP)」というサービスを行っています。

 

このサービスを利用して、自作した電子書籍をアマゾンで販売するという方法です。

 

KDPにおける報酬額は最大で売上の70%。一度本を完成させ、販売すれば後は何もしなくても毎月収入が発生する「不労所得」が実現するのが魅力です。

 

看護師のお仕事を通りて得た知識や経験はとても貴重であり、本にして販売する価値が十分になるのです。

 

実際に、以下のような魅力的なタイトルの電子書籍がキンドルストアで販売されています。興味のあるかたは是非読んでみてください。

 

 

   

 

電子書籍販売で重要なポイントは扱うテーマが魅力的であること。そして、表紙やタイトルなどのパッケージに力をいれることです。

 

ユーザーはタイトルや表紙デザインに惹かれて購入します。

 

逆にいえば、どんなに良い内容でもパッケージに魅力がなければ読まれることがないことを肝に銘じておきましょう。

 

【関連記事】電子書籍販売で稼ぐ方法

勤務先にバレない税金対策のポイント

 

看護師の方が副業に取り組むにあたって気になる点が、「勤務先に副業がバレるのではないか」という点でしょう。

 

この点を解消しないことには、腰を据えて副業に取り組むことは難しいですよね。

 

ここでは、副業をバレないようにするための方法とポイントをお伝えいたします。

 

最初に、自分の職場が副業禁止か否か確認をする

まずは、自分の勤務先の職場が副業・ダブルワークが可能か確認しましょう。チェックすべきは2点です。

 

公務員は禁止

国公立の病院や、保健所などの地方自治体が運営している医療施設に勤務しているナースの方は公務員扱いになっています。

 

公務員の場合、国家公務員法および地方公務員法においてアルバイトを含む兼業は基本的に禁止であると定められています(許可が出た場合のみ可能)。

 

公務員の看護師が副業をするとどうなるか?

 

2017年のニュースに、「兵庫県の県立病院に勤務している女性看護師がス記事ナックでバイトをしていた」という記事がありました。

 

兵庫県は、「兼業を禁じた地方公務員法に違反しており、綱紀粛正を徹底する」とコメントしています。

 

就業規則を確認

今一度勤務先の就業規則をチェックして、副業が問題ないか否かを確認するようにしましょう。

 

もちろん、副業に関する禁止事項が書いていなかったにしても、バレないように取り組んだ方が職場の人間関係を考慮すると賢明です

 

副業がバレるのは住民税の支払いの時

まず、副業で所得(経費を差し引いた利益)が20万円以上を越えたら、税の対象になります。確定申告を行い税金を支払わなければいけません。

 

確定申告をせずに税務署が税逃れを発見したら、脱税ということになります。職場にバレるバレないどころの話ではなくなりますので注意しましょう。

 

そして、確定申告時に勤務先にバレないようにするためのポイント。

 

それは、住民税の徴収方法において、「普通徴収」の方を選ぶことです。

 

普通徴収を選ぶと、副業で得た所得分の税金は、自分で年4回に渡り支払うことになります。支払伝票が届くので、コンビニで納税出来ます。

 

一方、もう一つの徴収方法に「特別徴収」があります。

 

特別徴収の場合、勤め先の企業から毎月天引きされます。よって、勤務先に通知が届き発覚してしまうというわけです。

 

大事な点なのでしっかり覚えておきましょう。

まとめ

最近はワークスタイルの多様化に伴い、「副業OK」の企業が増えてきました。この流れは今後もますます加速することでしょう。

 

もちろん看護師の仕事だけでも十分に稼ぐことが出来ますし、高齢化社会が進む日本において看護師の需要もさらに高まってきます。

 

しかしその一方で、別の収益の柱を設けておくことは、大きな安心感につながるものです。

 

最初は初級編で取り組んで頂き、実績を作ったら是非上級編にもチャレンジしてみてください。上級編のお仕事は報酬が青天井になる可能性を秘めており、大いにやりがいがあります。

 

看護師の資格をフル活用し、さらに社会貢献されることを願っております。

 

スポンサーリンク

 

■この稼ぎ方に興味のある人はこんな稼ぎ方もオススメ!
ポイントサイトで稼ぐ
アンケートサイトで稼ぐ
Googleアドセンスで稼ぐ

 

 

「お金持ち脳」を作るおすすめの無料講座開講中!

私が月300万円を稼げる大きなきっかけとなったのは、ファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座」でした。

講座では、お金の「10の教養」「10の仕組み」についてレクチャーしてくれます。お金の考え方が180度変わった日で、収入額に関係なくお金が貯まる脳構造になるでしょう。

講座は東京・大阪・京都・愛知で無料で定期的に開催。毎年千人ほどが受講しています。詳細はコチラ

月収300万円までのステップと稼ぎ方を公開中