薬剤師の資格を生かして報酬を稼ぐ方法をご紹介します。

トップページネットで稼げるようになるコラム集> 薬剤師が在宅やバイトの副業で稼ぐ8つの方法と心得

薬剤師の資格を生かして副業で稼ぐ8つの方法とバレないための心得

 

 

 

近年は副業をOKとする会社も増え、ダブルワークにより収益の柱を複数持つ方が増えてきました。

 

薬剤師も例外ではなく、例えば製薬大手のロート製薬は副業を容認。薬剤師資格保有者がドラッグストアで働くといった事例もあります。

 

副業を許容するワークスタイルは今後も広がっていくことが予想されます。

 

このページでは、副業を考えている薬剤師の方に向け、資格を生かして優位に立てる副業の方法を8つほどご紹介いたします。

 

あわせて、薬剤師の方が副業を行う上で知っておくべき、バレないための納税方法もご説明いたします。

 

ご参照頂ければ幸いです。

 

 

スポンサーリンク

高時給アルバイトで稼ぐ

 

薬剤師の資格を生かして、最も手早く高報酬の仕事を得られるのが薬剤師のアルバイト業務ということになります。

 

休日を利用しての勤務や、夜勤で働くというのも良いでしょう。

 

薬剤師のパート・アルバイトの求人情報が充実しているファルマスタッフをチェックすると時給3,000円以上の求人がたくさんあり、中には時給4,000円の求人も。

 

即金性も高いので、一番確実に稼ぐことが出来る方法といえます。

 

ファルマスタッフの公式ホームページはこちらから

タイムチケットに出品して稼ぐ

 

タイムチケットとは、30分単位で個人の時間を売り買い出来るサービス。

 

利用者は出品している人物の時間を購入。出品者は買われた時間内で、特技や知識などを生かして購入者にサービスを提供するという仕組みです。

 

「時間」を軸に購入する点、そして基本的にはお互いが実際にお会いしてやりとりするという点が特徴的です。

 

また、距離が離れている場合はスカイプ等のやりとりも可能です。

 

タイムチケットではすでに、薬剤師の方が商品を出品しています。実際に販売されている事例としては以下の通りです。

 

  • 薬剤師に聞きたいことを聞いてみよう(60分3,000円)
  • あなたの「かかりつけ薬剤師」になります!(60分2,000円)
  • あなたのパーソナル薬剤師になります(30分1,000円)
  • お友達薬剤師のお薬相談^_^(30分1,000円)
  • 薬剤師に何でもインタビューしてください(30分2,500円)

 

薬剤師ならではの商品といえますね。

 

時給に換算してみると、なかなか割りの良いお仕事といえます。

 

タイムチケットの公式ホームページはこちらから

ココナラに出品して稼ぐ

 

ココナラとは、「知識・スキル・経験」など各人が持つ能力を商品化して販売出来るオンラインマーケット。

 

公序良俗に反しない限りはどんな商品を販売しても良く、価格設定も500円以上で自分で決めることが出来ます。もちろん、出品は無料です。

 

近年注目度が高まり、利用者が伸びているサービスです。

 

さて、薬剤師の資格はココナラで商品を作るうえで大きな武器になります。実際に、薬剤師の方も様々な商品を出品しており、以下のような販売事例があります。

 

  • お薬の相談、サプリの飲み合わせ等ご相談受け付けます(500円)
  • 薬剤師があなたの症状を聞いて、どの薬が合うかを答えます(500円)
  • あなたにピッタリ合ったサプリメントをアドバイスいたします(500円)
  • 薬剤師国家試験に合格するコツを教えます(500円)
  • 薬の疑問に関して全てお答えします(500円)

 

購入者とはメールでのやりとりが基本。対応するのにさほど手間はかかりません。

 

いきなり大金を稼げるというわけではありませんが、空き時間のお小遣い稼ぎにぴったりですね。

 

ココナラの公式ホームページはこちらから

ストアカを利用して講座を開設して稼ぐ

 

ストアカとは、教えたい人と学びたい人をマッチングさせるサービス。

 

教えたい人は、ストアカに講座の内容を告知。学びたい人は、ストアカにアクセスして参加したい講座を探して応募。レッスン料を支払って講座を受けるという流れです。

 

教えたい人はレッスン料を受け取ることが出来、運営側の手数料10%〜20%を差し引かれた額が支払われます。

 

薬剤師の資格を生かした内容の講座を行い、レッスン料収入を得るという方法です。

 

薬剤師さんの中には、この方法で既に講座を開設している人がいます。以下、事例です。

 

  • 薬剤師が教える、精油とハーブで作る緑の薬箱(2時間 6,500円)
  • 薬剤師直伝!ハイパフォーマーのための「疲れ」をためない体調管理術!(90分 1,000円)
  • 体がダルい。足が重い。疲れが取れない女性へからだとリンパの勉強会(90分 1,500円)
  • 妊活のあらゆる悩みを解決するお茶会(90分 2,000円)
  • 今日から始める肌活講座(90分 1,000円)

 

「薬剤師が教える〜」「薬剤師直伝〜」というタイトルは、一般人にとって非常にささり説得力が増しますね。

 

この稼ぎ方のメリットは、生徒の人数が多ければ多いほど効率よく稼ぐことが出来るという点。

 

例えば、「2時間 2,000円」で設定した講座に生徒が10人参加した場合のレッスン料合計は20,000円。運営側の手数料を引いても16,000円〜18,000円の収入が見込めます。

 

通常のアルバイトの時給に比べると、とても効率が良いということがおわかりいただけることでしょう。

 

ストアカの公式ホームページはこちら

メディカルライターとして稼ぐ

 

メディカルライターとは、健康・医療に関する専門情報を正確に届けるため、適切な文章の形で発信する専門家のこと。

 

メディカルライターになるのに特に資格は必要ありませんが、医療に関する専門的知識が必要になり、薬剤師資格を生かして仕事としてピッタリといえます。

 

近年はインターネットの普及により、ウェブ上で掲載する記事を書けるライターが求められており、薬剤師のライターはとても重宝されています。

 

メディカルライターのお仕事は、クラウドソーシングサービスに登録することで探すことが出来ます。

 

クラウドソーシングサービスとは、「仕事をお願いしたい人や企業」「仕事を受けたい人」をインターネット上でマッチングさせるサービス。

 

在宅で出来る仕事のため、サラリーマン・OLの副業や主婦のお小遣い稼ぎとしても重宝されています。

 

それでは、薬剤師の資格が生かせる案件の料金相場はどのようになっているのでしょうか?

 

クラウドソーシングサービスの最大手、ランサーズに掲載されてある薬剤師関連の案件依頼をいくつかご紹介いたします。

 

  • 『薬剤師の転職情報サイト』の記事作成(1記事2,300文字以上で@2,500円)
  • 医薬品関連の記事作成(1記事1,000文字以上で@1,000円)
  • 女性薬剤師限定のWebアンケート(1記事1,500文字で@5,000円)

 

通常は、複数記事の作成をまとめて依頼されるため、1つの依頼に対して数万円の報酬を得ることが可能です。

 

既にある程度基礎的な知識がある状態で書けるので、さほど負担にはならずこちらも割りの良いお仕事といえます。

 

メディカルライターに取り組みたい方は、複数のクラウドソーシングサービスに登録しておき、興味のある案件を優先して選んでいくと良いでしょう。

 

オススメのクラウドソーシングサービス

  • Bizseek(ビズシーク)
  • 手数料が業界最安。その分、高い報酬をゲットすることが出来ます。

     

  • ランサーズ
  • クラウドソーシング最大手。ここは必ず登録しておきたいところです。

     

  • サグーワークス
  • 記事特化型のクラウドソーシングとして、日本最大級。

メディカル翻訳ライターとして稼ぐ

 

メディカル翻訳ライターとは、外国から輸入された薬剤の翻訳や、最新医学薬学の外国の文献などを翻訳する仕事。

 

当然ながら、英語などの語学が出来ることが前提です。

 

薬剤師の資格と語学力両方を生かるうえ、在宅で作業を行えます。

 

仕事の依頼を探す方法としては、先述したランサーズの翻訳カテゴリの中から該当案件を見つけていきます。例えば、以下のような案件がありました。

 

  • バイオベンチャー記事の翻訳(1,400文字程度 1記事@8,000円)

 

また、本格的に取り組みたいのであれば、アメリアという翻訳者のネットワーク組織に登録しておくと良い案件を紹介されたり、スキルアップに役立つ情報を得られます。

 

アメリアの公式ホームページはこちらから

ラインスタンプで稼ぐ

 

ラインスタンプを利用している薬剤師の方も多い事でしょう。

 

ラインスタンプは個人(クリエイター)も作成、販売することが可能で、「クリエイターズスタンプ」と呼ばれています。売上総額の35%がクリエイターの取り分になる仕組みです。

 

クリエイターの中には1億円以上の報酬を既に得ている人もいて、市場の大きさから稼げる額は青天井。但し、一方で全く稼げていない人も相当数存在しています。

 

アイディア勝負の世界です。

 

さて、クリエイターズスタンプの人気ジャンルの一つに、「職業向けスタンプ」があります。

 

職業向けスタンプとは、特定の職業に就いている人の利用を想定したスタンプ。それぞれの業界だからこそわかるフレーズや専門用語などをちりばめ、必ず一定数の需要が存在します。

 

薬剤師さんの副業として、「薬剤師向けスタンプ」を作成してみるのです。

 

調べてみましたが既に50個程度薬剤師用のスタンプが販売されていました。利用者の数を考えるとまだまだ開拓出来る余地がありますね。

 

 

絵心のない方は先述したココナラランサーズからイラストレーターを探すことで、クオリティの高いスタンプを生み出すことが出来ます。

 

やはり重要なのはアイディアといえます。

 

【関連記事】ラインスタンプ販売で稼ぐ方法

アフィリエイトで稼ぐ

 

アフィリエイトとは、自分でホームページやブログを作り、そこに広告を貼ります。そして、訪れたユーザーが貼ってある広告を経由して商品を購入したりサービスを利用すると報酬が発生するシステムです。

 

トッププレイヤーになると月収1,000万円稼ぐ人もいる一方、大半の人は1円も稼げず撤退する厳しい世界でもあります。

 

少なくとも半年は無報酬で、作業のみこなしていく覚悟が必要です。

 

アフィリエイトをお薦めするのは、高報酬広告の「薬剤師の転職」を扱うのに強みがあるためです。

 

薬剤師の転職に関する記事を書き、そこに薬剤師専門の転職サイトの広告を掲載。広告経由で転職が決まると、1案件あたり数万円の報酬が発生します。

 

1ヶ月10件決まれば20〜30万円の収入が得られるというわけです。

 

実際に薬剤師だからこそクオリティの高い記事を書くことが可能であり、説得力を持って広告に誘導出来ます。

 

アフィリエイトを行うには、広告を紹介する仲介サイトへの登録が必要です。複数登録しておき、扱いやすい広告案件を優先して選ぶと良いでしょう。

 

オススメのアフィリエイトの仲介会社

  • エーハチネット
  • 最大手で広告主も最多。「エーハチキャンパス」では手法が学べます。

     

  • afb
  • 利用者満足度1位。丁寧なサポートが魅力です。

     

  • アクセストレード
  • エーハチネットに継ぐ規模。独自案件も多数保有しています。

 

税金で副業がバレないための心得

 

薬剤師の方が副業を取り組むにあたって気になる点が、「勤務先に副業がバレるのではないか」という点でしょう。

 

この点を解消しないことには、腰を据えて副業に取り組むことは難しいですよね。

 

ここでは、副業をバレないようにするための方法とポイントをお伝えいたします。

 

最初に、自分の職場が副業禁止か否か確認をする

まずは、自分の勤務先の職場が副業・ダブルワークが可能か確認しましょう。チェックすべきは2点です。

 

公務員薬剤師・管理薬剤師は禁止

国家公務員薬剤師、地方公務員薬剤師、麻薬取締官として勤務している薬剤師は副業禁止です。

 

公務員の場合、国家公務員法および地方公務員法においてアルバイトを含む兼業は基本的に禁止であると定められているためです(許可が出た場合のみ可能)。

 

また、管理薬剤師も副業が禁止。薬事法にて「管理薬剤師は勤務する薬局以外に勤務することは認められない」と定められています。

 

よって、公務員薬剤師・管理薬剤師の副業が発覚すると、法律違反となり懲戒免職になる可能性が高いので控えた方が無難です。

 

就業規則を確認

今一度勤務先の就業規則をチェックして、副業が問題ないか否かを確認するようにしましょう。

 

もちろん、副業に関する禁止事項が書いていなかったにしても、バレないように取り組んだ方が職場の人間関係を考慮すると賢明です

 

副業がバレるのは住民税の支払いの時

まず、副業で所得(経費を差し引いた利益)が20万円以上を越えたら、税の対象になります。確定申告を行い税金を支払わなければいけません。

 

確定申告をせずに税務署が税逃れを発見したら、脱税ということになります。職場にバレるバレないどころの話ではなくなりますので注意しましょう。

 

そして、確定申告時に勤務先にバレないようにするためのポイント。

 

それは、住民税の徴収方法において、「普通徴収」の方を選ぶことです。

 

普通徴収を選ぶと、副業で得た所得分の税金は、自分で年4回に渡り支払うことになります。支払伝票が届くので、コンビニで納税出来ます。

 

一方、もう一つの徴収方法に「特別徴収」があります。

 

特別徴収の場合、勤め先の企業から毎月天引きされます。よって、勤務先に通知が届き発覚してしまうというわけです。

 

大事な点なのでしっかり覚えておきましょう。

 

まとめ

薬剤師が持っている知識と能力は間違いなく世の中に役立つものです。

 

本業以外の仕事に取り組むことで、その能力を様々な分野で発揮出来る事は社会貢献にもつながっていくものです。

 

また、副業で得られる気付きや知識は本業でも生かされることでしょう。

 

副業にチャレンジすることで、是非自分の可能性を広げてみてください。

 

スポンサーリンク

 

■この稼ぎ方に興味のある人はこんな稼ぎ方もオススメ!
ポイントサイトで稼ぐ
アンケートサイトで稼ぐ
Googleアドセンスで稼ぐ

 

 

「お金持ち脳」を作るおすすめの無料講座開講中!

私が月300万円を稼げる大きなきっかけとなったのは、ファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座」でした。

講座では、お金の「10の教養」「10の仕組み」についてレクチャーしてくれます。お金の考え方が180度変わった日で、収入額に関係なくお金が貯まる脳構造になるでしょう。

講座は東京・大阪・京都・愛知で無料で定期的に開催。毎年千人ほどが受講しています。詳細はコチラ

月収300万円までのステップと稼ぎ方を公開中