大学生が取り組むべきおすすめの投資法をご紹介します

トップページネットで稼げるようになるコラム集>大学生におすすめの投資商品6選

将来に備えて、大学生の時から投資を学びましょう

 

 

 

近年は、投資に関心を持つ大学生が増えており、大学の投資サークルには多くの人が入部している状態です。

 

バブル崩壊後、年収の伸び悩みが常態化している日本において、投資を人生の備えの手段として考える若者の意識の変化が背景にあります。

 

また、将来の年金制度の崩壊に備え、政府もNISA(少額投資非課税制度)を開始するなど、国家規模で投資を支援する体制も整ってきています。

 

しかしながら、全くゼロの状態からリスクの高い株式やFXでトレードを行っても、ほとんどの人は損失を出して終わることになるでしょう。

 

大学生であれば、まだまだ人生の先は長く、リスクを抑えて10年単位で将来の資産を増やすということも十分に可能です。

 

ここでは、大学生だからこそおすすめする投資法を、低リスク順にご紹介いたします。

 

ご紹介した内容を参考に、あせることなく一歩一歩着実に資産を積み上げていくようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

1.初心者が投資で押さえておくべき5つの心得

 

前提として知っておくべきことは、投資は損失が出る可能性もあるということ。

 

適切に投資に取り組めば資産は増えますが、逆に損失を出してしまい資産形成どころか、日々の生活にも支障が出るリスクも存在します。

 

そこで、投資に取り組むにあたり、必ず押さえておきたいポイントを最初にまとめています。鉄則としてとらえるようにしましょう。

 

失っても困らない余剰資金で始める

生活費と投資資金は明確に分けることです。投資初心者であれば、「投資に使ったお金は戻ってこないもの」くらいの認識で始めた方が、良い結果が出るかもしれません。

 

差し迫った必要がない余剰資金を利用して、少額からコツコツと取り組んでいくことです。

 

くれぐれも生活費に手を出してしまい、困窮することのないようにしましょう。

 

分散投資を心掛ける

投資には様々なリスクが存在します。投資先の国のカントリーリスク景気変動リスク、さらには運用している証券会社の倒産リスクなど、どんなに用心しても避けられないリスクもあるものです。

 

そんなリスクに備えるためには、分散投資を行うことが一番です。

 

例えば、2008年に起きたリーマンショックのように、突発的な経済不況に直面すると、株価は一気に下がります。

 

一方で、金や仮想通貨などの投資商品は、不況になると資金の避難先として買われる局面になり、価値が高まります。不況に強い投資商品となっているのです。

 

このように資金を様々な投資商品に分散させておくことで、どのような局面においても、資産を守ることが可能になります。

 

投資実行の前に必ず勉強をする

特にハイリスクハイリターンの投資商品は、百戦錬磨のプロトレーダーも参入するわけですから、生まれつきの天才を除いて最初から利益を出せる人はほとんどいません。

 

トレードを行うにしても、まずはデモトレードに取り組んでみて、慣れてから本番に挑むのが定石です。

 

どのような投資商品であれ、最初に一通り利益を出す仕組みや、ポイントを押さえたうえで、実行するようにしましょう。

 

トレードを行う投資の際は、決めたルールを必ず守る

株式投資やFXなどは、トレードを行い、株価や為替の変動の差益で稼いでいきます。

 

株であれば、株価が安い時に購入し、高くなったら売却するというとてもシンプルな仕組み。しかしながら、人間は損失が出ているときに損を認めたくないという本能があります。

 

損失が出れば、「我慢すればまた戻ってくるだろう」とたかをくくり、気づいた時には目も当てられないほど損失が膨らんでいたというのが、初心者が陥る典型的なパターンです。

 

頭ではわかっていてもなかなか実行できない。だからこそ、ほとんどの人が損失を出してしまうわけです。

 

ハイリスクハイリターン商品は、自分の欲との闘いでもあります。定めたルール通りのトレードができるまで、心を鍛えていきましょう。

 

投資詐欺に注意する

投資で必ず避けなければいけないのが、詐欺。時々ニュースで、投資の詐欺被害に関する事件が取り上げられます。

 

甘い話の誘惑についつい乗ってしまった結果、詐欺にひっかかってしまうわけです。特に大学生であれば、「絶好のカモ」とみなされるでしょう。十分な注意が必要です。

 

原則として、運営会社が怪しかったり、身元がわからない商品には手を出さないこと。また、「元本保証」を確約している場合は、あり得ないので避けるべきです。

 

最近は、インターネットでリアルな口コミ情報が出回るようになりました。怪しいと感じた場合、「○○ 詐欺」と検索してみると良いでしょう。

 

 

 

以上のように、前提として「リスクを極限まで減らす」ということを最優先にして、投資に取り組むことをおすすめします。

 

それでは、いよいよ低リスク順におすすめの投資商品をご紹介していきます。

2.【おすすめ投資1】おつり投資

 

まずは最もリスクの低い投資商品として、「おつり投資」を取り上げます。とはいえ、おつり投資についてご存知の方はまだまだ少ないことでしょう。

 

おつり投資とは、買い物をするたびにお釣りを投資用の資金にまわすというサービス。

 

実際には、クレジットカードを利用して買い物をするたびに、基準額との差額を「おつり」と見立てる仕組みです。

 

例えば、「1,000円分の買い物をする毎に、50円を投資に自動的に回す」というように設定を行います。

 

日本ではまだ馴染みが薄いおつり投資ですが、実はアメリカなどでは若い世代を中心に利用者が急増しています。

 

「余剰資金を投資に回す」という投資の鉄則に沿ったサービスで、万が一損失が出ても大きなダメージが受けないのがメリットです。

 

NHKニュースでも先日、おつり投資が取り上げられ、国内でもいよいよサービスが開始されることになりました。

 

「おつり投資」サービス開始へ

 

ニュースでも紹介されている、トラノコは、日本生命保険やセブン銀行などが出資して生まれたサービス。

 

5円から投資ができ、コツコツと資産形成ができる画期的な仕組みという事もあり、多くのビジネス系メディアから注目されています。

 

Zaimなどの家計簿アプリとの連動もできる他、将来資産のシミュレーション機能も付いています。

 

 

資金はプロが運用を代行

投資に回されたお金を運用するのは、専門のプロ。世界中の株式や債券、不動産などに幅広く分散投資を行ってくれます。

 

3つのファンドが存在し、リスクとリターンのバランスを考慮して自分で選ぶことができます。

 

 

10年後、20年後の資産形成に最適

基本的にお釣りを投資に回すわけですから、急にお金持ちになるということはありません。

 

しかしながら、コツコツと継続することで、複利効果(元金が増えることで、利益率もさらに高まること)により収益率は伸びていきます。

 

10年後、20年後には当初からは考えられないような資産を築いている可能性が高いというわけです。

 

安全に、将来の資産形成に取り組みたいのであれば、若い時からおつり投資を行うことは、非常に有益な手段となります。

 

トラノコの公式サイトを見る

3.【おすすめ投資2】ソーシャルレンディング

 

ソーシャルレンディングは、2005年にイギリスではじまった比較的新しい投資商品です。

 

「融資を受けたい企業・個人(=ボロワー)」「投資を行いたい投資家(=レンダー)」をオンラインでつなげるのが、ソーシャルレンディングの仕組み。

 

ボロワーとレンダーの間を、ソーシャルレンディング業者が仲介します。

 

最近は、特定のプロジェクトを支援するために、資金提供者をインターネットで募る「クラウドファンディング」が注目されていますが、実はソーシャルレンディングもクラウドファンディングの一つ。

 

「投資型クラウドファンディング」とも呼ばれています。

 

実質金利は8%以上。ミドルリスク・ミドルリターンが魅力

ソーシャルレンディング投資を行う場合、ソーシャルレンディング業者に口座開設後、興味のあるファンドを見つけて投資を行います。

 

各ファンドはプロジェクト期間が決まっており、例えば1年間のプロジェクトであれば、投資したファンドから毎月計12回に渡り、利子付きで投資金が返済されていきます(一括の場合もあり)。

 

プロジェクトが終了し、12回の返済額の合計と投資額の差額が収益となるという仕組みです。

 

投資先の企業が貸し倒れを起こさない限り、投資元本が減少することはほとんどありません。

 

国内にはソーシャルレンディング業者が既に複数社ありますが、実績としては金利8%以上。また、元本割れをおこしたファンドは非常に少ない。

 

金融商品の中でも、ミドルリスク・ミドルリターンに位置づけられており、初心者でもとっつきやすいといえます。また、1万円から投資できる業者があるのも魅力です。

 


クラウドクレジットHPより

 

「分散投資」で成功確率は格段に高くなる

ソーシャルレンディングで収益を出すには、1つのファンドだけに投資をするのではなく、資金を小分けにして分散投資を心掛ける事が大切です。

 

利益を出せているファンドの割合は非常に高いので、分散させることで万が一1つのファンドが損失を出したとしても、他のファンドの利益で十分カバーできるでしょう。

 

さらには、業者リスクも想定して、複数のソーシャルレンディング業者のファンドに投資をすると良いです。

 

プロジェクトに取り組む企業に融資を行い、利子をつけて返済してもらうというローン商品。ローンに投資できるわけですから、とても手堅い投資商品となっているわけです。

 

おすすめの人気ソーシャルレンディング業者

  • クラウドクレジット
  • 海外特化型で、特に発展途上のステージにあり、資金需要も旺盛な国に投資するファンドがメイン。運用期間は、最短で約7カ月。短期間件も豊富に存在します。

     

  • クラウドバンク
  • 老舗の業者で2017年3月時点で応募金額は123.7億円となっています。原則毎月分配があり、貸倒率は0%を維持。3カ月など短期運用の案件も揃っています。

     

  • OwnersBook
  • 運営会社は、総合不動産会社。不動産のプロが厳選したファンドに投資出来るのが売り。また、全案件が不動産担保付きです。過去、元本割れした案件は0。

 

【参考記事】ソーシャルレンディングで稼ぐ

【参考記事】クラウドクレジットの評判を役員に直撃取材

4.【おすすめ投資3】不動産投資

 

不動産投資には、2つのキャッシュポイントが存在します。

 

1つは購入した物件に人が住み、家賃収入を得る運用益(インカムゲイン)。そしてもう一つは、購入した物件の価値が上がったタイミングで売却。その差益で利益を出す売却益(キャピタルゲイン)です。

 

現在の日本においては、キャピタルゲインはあまり見込めず、家賃収入によるインカムゲインが中心となります。

 

不動産投資は物件選びが何よりも重要。何十年にもわたり、借り手がずっと住んでくれるような魅力的な物件であることが求められます。

 

不動産投資は、勉強量と収益率が比例しやすい

不動産投資をおすすめする理由。それは、勉強量と利益額が投資商品の中において比較的比例するためです。

 

例えば、FXは勉強したから必ず収益を出せるかというと必ずしもそうとはいえず、むしろ自分の欲を自制してコントロールするスキルの方が重要だったりします。

 

一方、不動産投資においては、利益を出すために以下のように様々な施策が行えます。

 

投資というよりは、事業に近い感覚といえます。

 

  • 空き室を出さない
  • 家賃を下げない
  • 安い物件を購入する
  • 早めにローンを返済する
  • 物件管理を自分で行う

 

ローンを払い終えれば、後は毎月の家賃収入がそのまま利益となり、将来的には年金のような役割を果たすことになります。

 

また、売却をすればまとまった大きな額が入ります。

 

資金を貯めて物件が購入できるまで、勉強期間とみなしましょう

不動産を購入するには、マンションの一室でも1,000万円近く、あるいはそれ以上します。

 

よって、実際に手に入れるのは、社会人になりある程度貯金も貯まった時ということになります。少し頭金を出して、ローンを組むことになるでしょう。

 

そのような時が来るまで、特に大学生の期間中は、不動産投資に関する勉強を行う時期とみなしておきましょう。

 

いざ不動産を購入するときに失敗しないよう、良質な物件を見極める力を身に付けておくのです。

 

勉強期間中は、セミナーに積極的に参加するなどの努力が必要になります。

 

おすすめの不動産投資セミナー一覧

不動産投資の学校体験学習会 ファイナンシャルアカデミー主催。講師は家賃年収4,000万円
アパート経営のシノケン CMで有名。失敗しないためのコツを伝授。無料本も贈呈
ベルテックス 年間2千人以上が参加。不動産業者が隠したがる真実を公開
パワープランニング 不動産投資以外もお金に関するセミナーを全国で開催
セオリーファクトリー 「ゼロから始める目からウロコの不動産投資セミナー」を開催
ノースエステート 不動産管理をテーマにしたセミナー。クラウド管理を推進

 

【参考記事】国内不動産投資で稼ぐ

5.【おすすめ投資4】株式投資

 

投資商品の定番ともいえるのが、株式投資。投資と聞いて、株式投資を最初にイメージした人も多いことでしょう。株で稼ぐ方法としては、3つの種類があります。

 

まずは、株価変動による売買差益。株価が安い時に購入して、値上がりしたら売却することで利益が出ます。

 

定位株(株価が安い株)を購入し、長期でじっくりと保有する人もいれば、デイトレードをして1日単位で利益を出す人もいます。

 

2番目は配当金。投資先の企業が利益を出した場合、その利益を株主に分配していきます。

 

企業により、年1回もしくは年2回など実施する回数は異なります。また、業績が悪い年は当然配当金ゼロということもあり得ます。

 

最後は株主優待。株主優待は、企業からその株を保有している株主へのプレゼント。投資先の企業の商品やサービスを年に1度、もしくは2度受けられます。

 

マツコ・デラックスさんの番組で、一躍有名になった桐谷さんは、株主優待で生活しているとして有名になりましたね。

 

若さを武器に株式投資を行ってみる

株式投資を行うのであれば、若さを武器に長期的な視野で取引を行うことをおすすめします。リスクがぐっと減るからです。

 

短期のデイトレートは百戦錬磨のプロも参戦する、「やるかやられるか」の熾烈な世界。素人が簡単に勝てるような甘い世界ではないことを認識しておきましょう。

 

どうしても参入するのであれば、実践に入る前にデモトレードで、利益を出せるようになるまで練習をするべきです。

 

長期で株式投資を行うには、具体的に以下のような方法を取ります。

 

  1. 将来性の高い定位株を長期保有して、大きく値上がるのを待つ
  2. 業績は安定している企業の株を長期保有して、毎年配当金+株主優待を受け取る

 

1の例では、ヤフージャパンの株価は当初から270倍も上昇している実績があります。2の方法は分散投資で複数の会社の株を保有することで、万が一の倒産リスクを避けることが可能です。

 

株式投資を中心にアルバイトで貯めた65万円を、25億円にまで増やした個人投資家、片山晃さんはまさに1の方法で投資に取り組んでいます。

 

片山さんは、「それなりの時間と情熱を注ぐことを覚悟し、数年かけて収穫期に入るぐらいの時間感覚が必要」と述べています。

 

目先の利益を求めるのではなく、長期的な視野で株式投資に取り組むことが、利益を生むために重要になってきます。

 

おすすめのネット証券サービス

  • GMOクリック証券
  • オリコンの顧客満足度調査で「取引ツールの使いやすさ」1位を獲得。操作性と機能性において定評があります。また、提供される市況ニュースも充実。

     

  • 立花証券
  • 老舗の証券会社で、2002年からネット取引に対応しています。取引手数料が比較的安く、投資スタイルにあわせて選択できるのが強み。

     

  • ライブスター証券
  • 新規口座開設で約2か月(40営業日)手数料が無料になるキャンペーンを実施。「みんなの株式」ネット証券手数料部門ランキングで4年連続1位を獲得。

 

【参考記事】株式投資で稼ぐ

5.【おすすめ投資5】FX

 

ドルや円、ユーロなど世界の通貨を基に、為替差益によって利益を出す投資方法。とてもシンプルなルールであるため、多くの実践者が存在します。

 

一方で、FXは、最もハイリスクハイリターンな投資商品の一つ。

 

年間で利益を出せる人は3〜4割程度存在していても、5年単位でみてみると利益を出している人は全体の僅か1%というデータがあるほどです。

 

トレードには慎重を期する必要があります。

 

リスクの排除と徹底したルールの厳守が成功の鍵

例えば、1ドル100円の時に1ドルを購入し、1ドル120円になった時に1ドルを売却すれば、20円の利益が出ます。

 

こんなにシンプルな投資なのになぜ、ほとんどの人が負けるのか?それが、当ページの冒頭でもお伝えした「欲に負けてしまう」という人の性が要因になっているのです。

 

少しでも利益が出れば利益を確定させたくなり、損失がでれば目をつむり戻ってくることを期待する。そして、もうどうにもならないくらい損失が膨らんで大損をするというパターンです。

 

重要なのは、「損切り(損失を確定させる)」を徹底すること。そして、利益は出来るだけ伸ばすことです。

 

「利大損小」こそが、FXで利益を出すためのポイントであり、一度勝てるようになればハイリターンの性質上、資産を急速に積み上げていくことが可能になります。

 

おすすめのFX口座サービス

  • 外為オンライン
  • 使い勝手の良さに定評があります。無料セミナーをはじめアナリストレポートや週刊相場予測など有益な情報提供も充実しています。

     

  • DMM.com証券 DMM FX
  • 取引高世界2位を誇るFX取引会社の最大手。ドル円のスプレッド(手数料)が0.3銭と狭いのが特徴。高機能「ハイグレード取引ツール」があります。

     

  • HIROSE-FX
  • 運営実績12年を誇る老舗。約定率99.9%、約定スピード最速0.001秒と、ハイスペックなシステムが好評。定期的にグルメキャンペーンも開催。

 

【参考記事】FXで稼ぐ

6.【おすすめ投資5】仮想通貨

 

近年、にわかに注目が集まっているのが仮想通貨を対象にした投資です。

 

仮想通貨とは、IT技術を利用して生み出された実体のない通貨のこと。日本国内でもジワジワと対応している飲食店などの店舗が増えています。

 

仮想通貨の利用は海外の方が普及しているので、2020年の東京オリンピックに向けてさらなる拡大が期待されます。

 

さて、仮想通貨といっても様々な種類が存在します。そんな中でもビットコインが一番知名度が高く、利用者も多いです。

 

中本哲史(ナカモトサトシ)という日本人が開発したとされていますが、今もなおその存在は不明です。

 

上がり続けるビットコインの価値

以下はビットコインの価格チャート。開始後ひたすら価格が上昇を続けており、恐ろしいくらいです。

 


Blockchainのチャートより

 

ビットコインの将来性は計り知れませんが、今後どのように推移するか全くわからないのもまた事実。

 

仮想通貨で投資をするのであれば、短期的なトレードよりも購入後は長期間放置しておく程度の間隔で保有しておくことをおすめします。

 

ただし、仮想通貨は変動が激しいので、一気に急落することも十分に考えられます。紹介した中でリスク度は一番高いので、余裕を持った投資を行いましょう。

 

おすすめのビットコイン口座サービス

  • ビットフライヤー
  • テレビCMなど広告展開も積極的に行う、ビットコイン取引量国内第一の取引所。三井住友銀行グループやリクルートなど名だたる一流企業が株主となっています。

     

  • GMOコイン
  • 東証一部上場企業のGMOインターネットグループが運営。.専用スマホアプリ「ビットレ君」で、スマートフォンから取引を行う事も可能です。

 

【参考記事】ビットコインで稼ぐ

7.まとめ

大学生という若さは、投資において大きな武器となります。

 

学生から取り組むのであれば、目先の利益を追わずに長期的な視野で投資に取り組むようにしましょう。成功する確率が格段に高まっていくためです。

 

また、分散投資を行う事も非常に重要な要素。景気は激しく変動し、明日もどうなるかはわかりません。

 

どんな局面でも、安定して利益を出せる体制を築いておくことが重要です。

 

今からしっかりと投資について勉強し、有益な収益源の一つとなるよう目指していきましょう。

 

スポンサーリンク

 

■この稼ぎ方に興味のある人はこんな稼ぎ方もオススメ!
投資信託で稼ぐ
アフィリエイトで稼ぐ
治験アルバイトで稼ぐ

 

 

「お金持ち脳」を作るおすすめの無料講座開講中!

私が月300万円を稼げる大きなきっかけとなったのは、ファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座」でした。

講座では、お金の「10の教養」「10の仕組み」についてレクチャーしてくれます。お金の考え方が180度変わった日で、収入額に関係なくお金が貯まる脳構造になるでしょう。

講座は東京・大阪・京都・愛知で無料で定期的に開催。毎年千人ほどが受講しています。詳細はコチラ

月収300万円までのステップと稼ぎ方を公開中