パパ活に失敗せずに設けるための、コツを紹介します

トップページ > パパ活で稼ぐ

初めてでもパパ活で安全に成功するためのガイド

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

最近はパパ活がブームになっています。

 

「男性と食事をするだけでお金がもらえる。」女性だからこそ、そして基本的には独身時代だからこそできる期間限定の儲け方。

 

パパ活女子の中には、月30万・月50万ともらっている人もいます。

 

男性にとってみれば、楽しい時間をすごせればOKなので、Win-Winの関係が成立しているのです。

 

ただしパパ活には、侮れないリスクも。

 

このページではこれからパパ活を始めてみたいという女性に向け、パパ活でお金を儲けるために役立つ情報を紹介します。

 

1.パパ活とは?定義と特徴

 

パパ活とは、食事やデートなどを通じて金銭的援助をしてくれる、「パパ」のような存在を探す活動のことを指します。

 

重要なポイントは、そこに体の関係がないこと。

 

性的な関係が入ると援助交際になり、まったく別モノになってしまいます。

 

純粋に人と人との関係であり、男性は職場や家庭にはない癒しを求めて女性と出会うのです。

 

浮気や不倫は勘弁だし、キャバクラのようなプロの人と会っても仕方がないというわけですね。

 

パパとなる男性は、素人女性の普通の感覚を求めています。

 

このようなニーズを満たしてくれる女性こそが、パパ活市場で求められているのです。

2.パパ活のメリット・デメリット

 

パパ活のメリット

比較的効率よく稼げる

相手次第ですが、2時間程度の食事で数万円以上もらえるため、時給に換算すると非常に効率がよいことがわかります。

 

普段の生活では会えない人と出会える

パパ活ができる男性は金銭的に余裕がある人。年収1千万円以上の人は全体の約4%と少数派であり、希少な出会いとなります。

 

非日常を体験できる

会う場所は高級レストランなどが基本。一般的なOLのお給料ではなかなか行けない場所に、連れてってくれる可能性が高いです。

 

体の関係がない

基本的に好きではない人と体の関係はもちたくないもの。体の関係がないのは、大きな安心材料になるでしょう。

 

女性としての魅力が上がる

パパ活で稼ぐには、自分の魅力作りが重要。お洒落や男性に喜ばれるトーク力を鍛えるうちに、女性としての魅力が向上します。

 

パパ活のデメリット

収入が不安定

会社のお給料のように毎月安定して収入が入るわけではないのが、ツライところ。定期契約で毎月会えるパパを探す必要があります。

 

金銭感覚がマヒする

お金持ちのパパと出会えた場合、高級レストランに連れていってもらえたり、高価なプレゼントを買ってもらえたりします。金銭感覚が狂うリスクが大きいです。

 

気をつかうため精神的に疲れる

お金をもらう立場である以上は、相手によい気分になってもらう必要があります。当然気疲れしますし、苦手な人もいることでしょう。

 

彼氏ができにくくなる

「男性=お金」という見方ができてしまうと、男性への評価基準が変わってしまいます。とくに同性代の男性には、魅力を感じられなくなってしまう可能性も。

 

体目的の人もいる

パパの中には、最終的に性的な関係をもくろむ人も少数ながら存在します。後述しますが、見極めることが必要です。

3.えぐい?パパ活の収入相場を公開

 

「パパ活をすると、どのくらい儲かるのか?」という点は、非常に気になるところでしょう。

 

正直収入額はパパの気持ちひとつなので、ピンキリ。あくまでパパ活市場の平均相場ということで、紹介します。

 

契約には2種類ある

まずパパ活で男性と出会う際、お金に関してある程度の取り決めを行う必要があります。

 

そしてその契約には大きく2つの種類が存在。

 

最初のひとつは、都度契約。会うごとにお金をもらう形式での契約です。会った際に直接手渡しされる場合が一般的。

 

そしてもうひとつは、定期契約。毎月もらう額と会う回数を決める形式です。定期契約では銀行振込でパパが支払うケースもあります。

 

安定収入を目指すのであれば、定期契約をしてくれるパパを見つけるのが一番です。

 

1回の食事による都度契約の相場は?

一般的な相場は1〜3万円です。この条件で折り合いがつけば、まあ許容範囲というところ。

 

ただし中には、「5万円以上の人しか会わない」という女性もいます。

 

パパ活を進めていく中で、自分の中で基準を決めていくようにしましょう。

 

定期契約の毎月の相場は?

一般的な相場は月5〜10万円です。

 

会う回数次第ですが、1回あたりで換算すると都度契約よりは安め。

 

しかし何よりも安定収入が魅力です。

 

30代は年収相場が変わって来る?

パパ活をしている人は、女子大生や20代の人が多いです。

 

男性は基本的に若い女性が好きですから、どうしても年齢が若いほど有利になります。

 

そうなると30代の場合は、相場が低くなるのでは?という疑問もでてくることでしょう。

 

しかし実際はさほど大きな差はないようです。

 

30代後半以降の女性であればオファーが少なくなる傾向があるため、50歳以上のパパを狙うとよいですね。

 

月50万・月100万払うパパはほとんどいない

パパ活をしている女性のブログをチェックすると、時々月50万円以上の定期契約をしている人が出てきます。

 

もちろんこのようなパパと出会えれば最高ですが、モデルなどよほど女性としての魅力がある人以外はまず不可能です。

 

または体の関係をもつなどの条件を、パパから求められるかもしれません。

 

そもそもこれだけのお金を出せる人は、経営者など一握りです。

 

月50万円の収入を目指すのであれば、複数のパパと契約を結んでいくのが現実的といえます。

4.パパ活ができる年齢は?既婚者も可能?

 

パパ活を検討している女性の中には、「自分の年齢でもできるのだろうか?」と疑問に感じている方がいるかもしれません。

 

そこで属性別のパパ活事情について説明します。

 

中学生・高校生のパパ活

あなたが中学生もしくは高校生の場合、極力パパ活は控えましょう。

 

そもそもパパ活の出会いの場として定番となっている出会い系サイトは、18歳未満の人は登録禁止になっています。

 

また法律的にも問題です。

 

民法上、未成年のうちは親が保護者となっており、子供を見守る責任があります。

 

さすがに大学生になれば話は別ですが、パパ活が親にバレて警察に通報されると、お互い合意だった場合でもパパが誘拐犯になることもあるのです。

 

基本的にパパ活は、高校を卒業してから行うようにしましょう。

 

大学生のパパ活

女性大生の中には、パパ活に励む人も少なくありません。学校の友達がやっているのを見て、自分も取り組む流れです。

 

大学生活では、サークル活動や飲み会など何かとお金がかかるもの。そしてお洒落もしたい時期。

 

さらには大人の社会をのぞいてみたいという好奇心から、パパ活をはじめるのです。

 

パパ活において若さは武器になりますから、当然人気も高い。まだまだ世間知らずな年頃なので、いろいろ教えてあげたいという想いもパパにはあるのでしょう。

 

さほど苦労することなく、パパを見つけられることと思います。

 

20代のパパ活

出会い系サイト掲示板で、一番パパ活をしているのがこの年代です。

 

「20代=若い」という印象をもたれますから、人気はもちろんあります。

 

20代でパパ活をする人の動機はさまざま。

 

遊ぶためのお金欲しさの人ももちろんいますが、中には会社のお給料では生活できないという方や、奨学金の返済のためにやむなく行う人もいます。

 

差し迫ったお金が必要であるのなら、パパ活は有効な手段と考えてよいでしょう。

 

30代以上のパパ活

出会い系掲示板をみると、40代でパパ活をしている人もいます。

 

つまりパパ活に年齢上限はありません。たとえば60代のパパで、20代の人は若すぎると考えている人は30代・40代の女性を求めます。

 

ただしやはりオファーが減る傾向にあることは、否めません。パパを見つけるまで少し苦労することは覚悟しましょう。

 

既婚者のパパ活

数は多くないですが、出会い系掲示板でパパ活をしている既婚者の女性は存在します。

 

また既婚者だけど、独身と偽ってパパ活をしている方もいることでしょう。

 

もちろん既婚者でもパパ活は可能ですが、相応のリスクが伴います。

5.パパ活の始め方・やり方

 

これからパパ活を始めてみたいという方に向け、手順を紹介します。

 

【1】パパ探し

出会う方法はさまざま。パーティーで声をかけられたり、キャバクラで働いて探すという方もいます。

 

その中でも定番なのが、出会い系サイト。

 

2000年代前半に立ちあがった老舗の出会い系サイトに加え、最近はパパ活に特化したサービスも誕生しています。

 

今はパパを求める女性と、愛人を探す女性の出会いの場となっているのです。

 

一方ペアーズなどのカップリングサイトは、恋人探し・結婚探しが目的なのでパパ候補となる人はほとんどいません。

 

【2】デート

お互い合意すれば、実際に相手と会うことになります。

 

基本的には一緒に食事をすることになるでしょう。時間は2時間程度が一般的。

 

他には買い物をしたり、お茶をしたりカラオケに行ったりという選択肢も考えられます。

 

【3】お小遣い

前払い、もしくは別れ際にお小遣いを渡されます。

 

はじめて出会う方であれば、先払いがベスト。支払う前に逃げられるリスクもあるためです。

 

可能であれば、出会う前に条件を固めておくとよいですね。

 

【4】定期・継続

お互いがよい出会いであれば、男性から次回の予定や定期契約の話が出てきます。

 

定期的に会う人が増えていけば、新しいパパ探しをする必要もありません。

6.パパ探しにオススメのアプリ・サイト

お伝えしたように現在パパ活の出会いの場は、老舗の出会い系サイトが定番。

 

そこで今後パパ活を行う方が、比較的安全に利用できるサイトを3つ紹介します。登録後はスマホアプリからも使えるので、便利ですよ。

 

ちなみにいずれも無料で利用できます。

 

ワクワクメール

 

2001年に開設し、会員数は650万人以上となっています。

 

パパ活公認サイトとなっており、規制がないので堂々とパパ活ができるのが最大のメリット。

 

掲示板で検索しても、「パパ活希望」の女性が多いことがわかります。

 

ただしその分ライバルも多いのが難点。価格交渉を相手から持ちかけられるかもしれません。

 

いずれにしろパパ活をするのであれば、必ず押さえておきたいサービスです。

 

ワクワクメールの公式サイトを見る

 

イククル

 

2000年に開設し、会員数は1000万人を突破している大手出会い系サイト。

 

毎日25,000件以上の書き込みがあり、アクティブに利用されています。

 

また24時間365日の対応個人情報管理の徹底など、安心・安全に利用できるよう配慮をしていている点も特徴です。

 

ただし運営側はパパ活をあまりよしとしていない点もあり、掲示板やプロフィールなどでは、パパ活と書くべきではありません。

 

「まずはお茶から」のような出会い方で、ラインでのやり取りになった時に目的を告げることをオススメします。

 

イククルの公式サイトを見る

 

シュガーダディ

 

運営歴は3〜4年と浅いのですが、パパ活専門の出会い系サイトとして話題を呼んでいます。

 

マッチングシステムを利用することで、出会う日時と場所をお互いに調整することが可能。

 

ほとんどの男性が、「体の関係がないパパ活目的のサイト」と認識して参加しているので、無用なトラブルも起こりにくいです。

 

ただし他のサイトに比べて男性会員数が少ないということもあり、サブサイトとして利用している女性が多いですね。

 

シュガーダディの公式サイトを見る

7.パパ探しにオススメのパーティー

 

パーティー形式での出会いを望むのであれば、ルーターズパパ活企画に参加しましょう。

 

もともとルーターズは恋活パーティーを主催する会社ですが、近年のパパ活ブームを受けて「パパ活パーティー」を定期的に行っています。

 

参加条件の一例としては、男性が「年収800万以上の方」「28〜49歳位の方」。一方女性は「容姿端麗な方」「20〜28歳位」となっています。

 

 

最初から男性も「体の関係がない愛人探し」を目的にしているので、割り切った出会いが可能。

 

容姿に自信のある方は、パパ探しのよい機会になるでしょう。

 

参加を望む方は、ルーターズのパーティー検索で「男性ハイステ」カテゴリーをチェックしてみてください。

 

ルーターズの公式サイトを見る

8.パパ活で失敗しないための7つのコツ

 

パパ活で儲けるにあたり、押さえておきたいポイントを挙げています。

 

パパ希望である目的を明確にする

効率よく探したり、後々条件面でこじれることがないよう、パパ活目的であることを出会う前に明確にしておきましょう。

 

たとえばパパ活を公認している出会い系サイトであれば、プロフィールや掲示板に「パパ活中」と書いておくことで、条件に合う男性がアプローチしてくれます。

 

またパーティーであれば、パパ活企画に参加することで、割り切った出会いが可能です。

 

パパ候補の年齢層に好まれる文章を書く

女性の年齢にもよりますが、パパ候補となるのは40歳以上の男性が一般的。

 

そこでこの年齢層が喜ぶようなエピソードをプロフィールに加えておくと、相手の心にささります。

 

つまりは「年上好き」という点をアピールしておくのです。

 

ファザコンであることを主張したり、今までの彼氏が40代だったといった具合ですね。

 

顔写真の掲載は必須

パパとなる男性は、愛人探しをするときに相手の容姿を重視します。

 

そのため出会い系サイトでプロフィール登録をする時は、必ず顔写真を載せるようにしましょう。

 

ただし性的な関係での出会いではないため、胸を強調しすぎるなど過度にセックスアピールをしている写真は控えるのが無難。相手が勘違いをしてしまう可能性があります。

 

また身バレを防ぐために、下を向いた写真を使ったり、写真加工アプリ「snow」で口元から下を隠すなどの配慮が必要です。

 

お金の条件は事前に済ませておく

とくに初心者に陥りがちなミスが、会うだけ会って相手が食事代しか払ってくれなかったというケース。

 

最初は慣れていないということもあり遠慮がちになってしまいますが、会う前に条件はお互いに合意しておくことです。

 

タクシー代などの要求もあれば、このタイミングで交渉しましょう。

 

当日直接会ってから、お話を切り出すのはなかなかハードルが高いです。

 

援助交際目的の誘いは無視する

とくに出会い系サイトでは、体目的でアプローチをしてくる男性も多いです。

 

サイトの特性上仕方がないことですが、そのようなアプローチにいちいち対応しても時間のムダでしかありません。

 

返信せずに無視するのみ。条件に合う人だけに、返信しましょう。

 

会ったらお金は前払いでもらう

男性の食い逃げリスクや出し渋りをふせぐため、お金は出会ってすぐのタイミングでもらうようにしましょう。

 

そのためには出会う前の条件交渉で、しっかりと合意しておくことです。

 

「お金を払います」と言っておきながら、結局払ってくれなかったというケースもゼロではありません。

 

パパに好まれる話題を用意しておく

次回も会ったり定期契約を結ぶためには、出会うことでパパの気分がよくなる時間を提供しなければいけません。

 

そのためデート中はどのような話をするか、あらかじめ想定しておくようにしましょう。

 

なかでも鉄板の話題が、仕事の話。成功していてお金に余裕がある人は、仕事の自慢をしたいものです。相手の気持ちに寄り添ってあげるのがポイントですね。

 

他に旅行や趣味、好きな女性のタイプなども盛り上がることが多い。

 

いろいろなことを教えてもらうというスタンスだと、相手の心もくすぐられますよ。

 

9.パパ活のリスク・想定トラブルと回避法

 

パパ活は手軽に稼げる反面、さまざまなトラブルが起こる可能性も否定できません。

 

無用なトラブルに巻き込まれないよう、事例と防衛策について説明します。

 

個人情報の流出

パパとトラブルになった時、相手が女性側の個人情報をネットの掲示板に書き込む危険性があります。

 

まずは安易に個人情報を伝えないことが重要。

 

ついつい教えてしまいがちになる個人情報とその対策は、以下の通りです。

 

電話番号 番号は伝えずに、アカウント変更が可能なラインなどのメッセージアプリを使いましょう。
メールアドレス いつでも捨てられるパパ活専用のフリーメールを作ることを推奨します。
住んでいる場所 教えるにしてもおおまかな場所。最寄り駅も実際の駅から少し離れた所を伝えましょう。
勤め先の企業名 おおまかな職業を教えるのは問題ないですが、企業名まで教えるのはリスクが大きいです。
銀行口座(本名) 定期契約で振込の場合、本名がバレます。相手の名刺をもらって相手の個人情報も握っておきましょう。
顔写真 「snow」などの写真加工アプリを利用し、口元から下を隠すなどの工夫が必要です。

 

また万が一ネット掲示板などに個人情報をさらされてしまった場合、サービス管理者へ削除要請を出します。

 

それでも1週間以上削除されない場合は、警察に被害届けを出しましょう。

 

親バレ・友達バレ

親バレするのは、実家暮らしの人。パパから高価なプレゼントをもらった時などは要注意です。

 

指摘された時の言い訳(セールで買えたなど)を用意しておきましょう。普段と変わらずに振る舞うことが大切。

 

また友達バレするのは、食事の場に偶然友達も居合わせてしまった時。

 

普段の生活圏から離れた場所で会うことが無難です。

 

相手がストーカー化

とくに今まであまり恋愛経験がない人が急にお金をもってしまうと、綺麗な人を前に舞い上がってストーカーになるケースがあります。

 

毎日ラインにメッセージを送ってくるなど、恐怖を感じる可能性もあるでしょう。

 

相手がストーカー化してしまった場合は、まず相手に付き合う意思がない旨をハッキリ伝えます。そしてラインはブロック、メルアドは解約するなど連絡手段を断つことです。

 

最悪のケースは、警察に通報することも検討しましょう。

 

クレジットカード詐欺

とくに注意したいのが、クレジットカードを利用した詐欺。詐欺に遭う事例も少なくありません。

 

振込先としてクレジットカードの情報を教えた場合、相手に個人情報がバレます。

 

そしてクレジット番号から解析され、お金を引き出されてしまうのです。パパではなく、単純に詐欺師の手口。

 

「クレジットカードなんて渡すわけない」と思っていても、相手は百戦錬磨の詐欺師。言葉巧みに誘導します。

 

どんな状況でも絶対にクレジットカードの情報は渡さないという強い意志を持ちましょう。

 

パパがお金を支払わず食い逃げ

パパが交際費を支払わないならまだしも、食事の途中で逃亡してしまい食事代さえ払わないということもあります。

 

はじめて出会うパパでしたら可能性としてゼロではないので、やはり会った直後にお金をもらうようにするのがベストです。

 

結婚できない

パパ活に慣れて夢中になると、結婚について考える意識が薄れてしまいます。

 

若いときはパパ活でちやほやされていたけれど、気づけば歳を重ねて婚期を逃してしまったというリスクも。

 

将来的な結婚願望がある方でしたら、辞める時期などの出口戦略をあらかじめ想定しておきましょう。

 

パパのことを本気で好きになってしまう

本来割り切った関係であるはずのパパ活で、あなた自身がパパに情をもってしまうことも考えられます。

 

相手が独身者で、お付き合いを了承すればハッピーですが、非常に稀なケース。

 

万が一相手が既婚者で体の関係にまでいたったら、相手の奥さんから訴えられてしまうリスクも。そうなると稼ぐどころではなくなってしまいます。

 

状況次第ではありますが、あなた自身がパパ活を終わらせる決断をすることもあるのです。

 

大人の関係を求めてくる

パパの多くはわかっていても、「あわよくば体の関係を」と頭の片隅で考えているもの。

 

ですのである程度関係性ができてきたパパから、ベッドへのお誘いをする人も少なくありません。

 

女性の中には、「パパとして会う以上、いつかはエッチな関係になるかもしれない」と覚悟をして相手を選ぶ方もいるようです。

 

相手からの誘いがあった場合、どのような判断をするかは自分自身で決めるしかありません。

 

契約が終わることも考慮して断るか、それとも受け入れるか。自分の中でルールを決めるようにしましょう。

 

10.より安全に稼ぐためのもうひとつの方法

チャットレディで稼ぐ

 

お伝えしたようにパパ活はたくさんのメリットがある一方、予期せぬトラブルに巻き込まれる可能性も否定できません。

 

そのため「なかなかパパ活に踏み出せない」という方もいることでしょう。

 

そのような方は代わりにライブチャットで稼ぐという方法もあります。

 

ライブチャットとは、Webカメラを使いパソコン越しに男性とヘッドマイクで会話をしたり、メッセンジャーでメッセのやりとりをするお仕事。

 

直接相手と会うこともありませんし、名前すら個人情報を教えることもありません。

 

パパ活で想定される大部分のリスクを回避することが可能です。

 

ライブチャットと聞くと、中には「男性とエッチな会話やエッチなことをしなければいけないのでは?」と考える方がいるかもしれませんが、必ずしもその必要はありません。

 

DMMライブチャットなど、アダルト禁止のライブチャットサービスがあるのです。

 

男性は女性の癒しを求めており、恋愛相談や仕事の悩み、趣味などについて話すことになります。

 

自分のペースで好きな時間に在宅で働くことが可能。顔出しも必須ではなく、口元から下だけを出してやりとりをしている女性もいます。

 

気になる料金ですが、1分50円程度が報酬相場。時給にすると3,000円です。

 

これだけ聞くとパパ活に比べて安く感じられますが、ライブチャットにはパーティーチャットという仕組みがあり、さらに時給を上げることができます。

 

パーティーチャットとは、同時に複数の人と会話できるシステム。人気の女性は指名が殺到するので、パーティーチャットになる機会が増えます。

 

そして時給は3,000円×同時に話す男性の人数分。3人のパーティーチャットであれば、9,000円になるのです。とても効率よく稼げますね。

 

 

万が一のリスクを考え、安全性を優先させたいというのであれば、ライブチャットの利用も検討しましょう。

 

DMM 『ノンアダルト』在宅チャットレディ求人のページを見る

 

11.まとめ

女性の魅力を活かすことで、比較的効率的に設けることができるのがパパ活。

 

もちろん誰でも簡単に稼げるということはなく、ライバルに負けないように自分をアピールしていく必要があります。

 

中にはパパ活で奨学金を返済してしまった事例もあり、劇薬のような効果も。そのためパパ活にハマりすぎないように引き際も事前に考えておいた方がよいですね。

 

期間限定で、短期的にまとまったお金を稼ぎたいという女性にオススメです。

 

スポンサーリンク

 

■この稼ぎ方に興味のある人はこんな稼ぎ方もオススメ!
Googleアドセンスで稼ぐ
ビットコインで稼ぐ
読書で稼ぐ

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

「お金持ち脳」を作るおすすめの無料講座開講中!

ファイナンシャルアカデミーのLP

私が月300万円を稼げる大きなきっかけとなったのは、ファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座」でした。

講座では、お金の「10の教養」「10の仕組み」についてレクチャーしてくれます。お金の考え方が180度変わった日で、収入額に関係なくお金が貯まる脳構造になるでしょう。

講座は東京・大阪・京都・愛知で無料で定期的に開催。毎年千人ほどが受講しています。詳細はコチラ

月収300万円までのステップと稼ぎ方を公開中

月300万円稼いだ方法