個人がネットでお小遣い・副収入・本業を稼げるまでの方法を紹介

アクセストレードの特徴と評価・稼ぎ方をどこよりも詳しく紹介

 

 

※管理画面

▼アクセストレードはこちらから登録できます▼

アクセストレード5つの特徴・強み

アクセストレードは、東証マザーズ上場の株式会社インタースペースが運営するアフィリエイトサービス。

 

2001年に開始した、老舗の大手ASPとなっています。

 

まずは、アクセストレードを利用するメリットを5つご紹介いたします。

 

金融系・ゲーム系の案件に強い

アクセストレードはエーハチネットには劣るものの、それに準じる規模となっており、他ASPにはない独自案件もそれなりに存在します。

 

エーハチネットとの比較

  サイト登録数 広告主数
A8.net 約2,150,000 約16,000
アクセストレード 約380,000 約6,000

 

その中でも、投資やキャッシング、クレカなどの金融案件、そして、オンラインゲーム案件が強いとされています。

 

私は、金融案件は、アクセストレードに寄せていますが、インタースペースの社員さんの金融担当者が積極的に動き、力を入れている分野であることが伝わります。

 

担当者が付きやすい

 

最大手のエーハチネットにない明確な強みの一つとして、インタースペースの社員さんのフットワークが良く、比較的早い段階で担当となってくれるという点があります。

 

私の場合は、インタースペースの社員さんからアプローチがあり、その後対面で打ち合わせをさせて頂きました。

 

単価交渉や掲載可否を通す努力をしてくれます。

 

恐らく、初心者の方でも自分から連絡をすれば様々なアドバイスをしてくれると思われます。

 

「サポートをしてもらいながらアフィリエイトに取り組みたい」と考えている方は是非、候補に一つに入れて頂きたいです。

 

セミナーや学習コンテンツが充実

 

会員向けに常時、アフィリエイトスキルや広告主主催の商品・サービスセミナーが開催されています。

 

人気のセミナーは抽選になることも多いのですが、参加すれば必ず得るものがあるでしょう。

 

また、「アフィリエイト大学」という学習コンテンツや「アクセストレードチャンネル」という動画コンテンツがあり、ここからアフィリエイトの知識やスキルを習得することが出来ます。

 

特に株式会社Smartaleck代表河井大志さんのコラムはとても勉強になり、必読です。

 

会員ステージがあり、ランクアップすると特典が付く

アクセストレードには「ATステージ」という会員向けランクアップ制度があり、ステージが上がる毎に特典が増え、アフィリエイト報酬が増える環境が整うようになります。

 

このステージは過去3ヶ月の報酬合計額により決定され、毎月15日に確定します。

 

ステージは全部で7つあり、それぞれの報酬額目安は次の通り。

 

ステージ ビギナー アマチュア セミプロ プロ マスター トップマスター レジェンド
報酬額 0円〜2,999円 3,000円〜49,999円 50,000円〜149,999円 150,000円〜499,999円 500,000円〜999,999円 1,000,000円〜

 

また、ステージが上がる毎に特典が増えますが、それぞれのステージから付与される特典の一覧は次の通りとなっています。

 

より、細かなマーケティング分析が出来るようになっていきますね。

 

ステージ 追加される特典内容
ビギナー 曜日×時間帯別分析・CVリファラ・セミナー優先申込み
アマチュア ステージ別セミナー
セミプロ
プロ プログラム毎のデバイス比率・サイト売上ランキング・クリック上昇率ランキング
マスター プログラム毎のCVR・プログラム毎のEPC・プログラム毎の承認率
トップマスター
レジェンド

 

AMP対策をいち早く実施

AMP(アンプ)とは、Accelerated Mobile Pagesの略。

 

GoogleとTwitterが協同して策定した、モバイル端末でのWEBページの表示を高速化するための仕組みです。

 

モバイル端末でグーグル検索をすると、検索結果の画面に「AMP」と表記されているサイトは既にAMP対応を行っているという意味。アクセスすると、確かに一瞬で画面が表示されます。

 

これは、キャッシュにされることで実現しました。

 

 

そして、アクセストレードの「画像バナー」と「ローテーションPCバナー」はAMPに対応しており、高速で広告主のバナーが表示されることになります。

 

AMP対応はおそらく今後、スタンダードになると考えられ、いち早く対応出来るというのは大きいですね。

 

アクセストレードの公式サイトはコチラ

支払日・振込手数料について

アクセストレードで発生した報酬は、1,000円以上貯まると、確定月の翌々月15日に自動的に支払われます。

 

その際、管理画面に記載されている報酬額に消費税を加えた額が指定した金融口座に振り込まれます。

 

支払先として利用出来る金融機関リスト

銀行・信用金庫・信用組合・商工中金・農林中金・農協・労金・楽天銀行・ジャパンネット銀行・ゆうちょ銀行

 

そして、嬉しいのが振込手数料はアクセストレードが負担し、無料です。

 

最大手のエーハチネットはそれなりの手数料がかかることを考えると、良心的ですね。

 

振込エラーに注意!

 

振込先の金融口座を登録する際に記載ミスがあったり、支店の統廃合などで店番が変更になると、振込エラーとなり、支払いが出来なくなります。

 

その場合、アクセストレードからメールで連絡が入り、修正後、1ヶ月遅れで振込みが行われます。

 

キャッシュフローはとても大事なので、誤りがないか登録時によくチェックするようにしましょう。

 

アクセストレードに無料登録してみる

サイト・副サイトの審査について

アクセストレードを使って広告を掲載するには、サイト登録を行い、審査に通過する必要があります。

 

経験上、審査は2日くらいかかる(公式サイトでは「3営業日以内を目安」とのこと)ので、審査の必要がないエーハチネットに比べるとまどろっこしい部分はありますね。

 

ホームページやブログ、メールマガジンを登録することがあります。

 

審査に落ちた理由は?

私の場合、審査に落ちたことは今までないのですが、やはり審査に落ちるケースもあるようです。

 

そうなった場合、「なぜ審査に落ちたのか」という点が気になりますが、実は落ちた理由をアクセストレードは開示してくれません。

 

そのため、自分で推測するしかないわけです。

 

この理由については審査落ちした人がいろいろな予測を立てているのですが、主に次の点が挙げられています。

 

サイトに落ちた場合、これらの点をチェックしてみると良いでしょう。

 

・記事数が少なく、内容が薄い(10記事以上が目安)
・情報商材を紹介している
・アダルト要素が強い

 

また、ネットの口コミで多かったのが、「他社ASPの広告を貼りすぎている」というものでした。

 

しかしながら、私の場合は他社ASP広告メインのサイトでも無事審査に通過したのであまり気にしなくて良いのではという印象を持っています。

 

再登録をして再審査を受けよう

サイト審査に一度落ちた方も、再度審査を申込むことが可能です。

 

そこで審査が通れば、無事に登録完了となります。

 

ですので、審査落ちした場合は、落ちた理由を推測し、サイトを修正してからもう一度審査にかけてみましょう。

 

審査は「エントリーID」を記載し、指定のエントリーフォームより行います。

 

初期費用0円でアクセストレードに登録してみる

友達紹介制度について

アクセストレードの案件の中には、アクセストレード自体を紹介するプログラムがあります。

 

自分のサイトでアクセストレードを紹介し、閲覧者がそのサイトを経由してアクセストレードの会員になってくれると報酬が確定。

 

通常の報酬は1件あたり477円ですが、2016年6月からテーブル制が敷かれました。

 

月内の獲得件数に応じて報酬がアップし、最大1,000円まで増えます。

 

報酬テーブル(税抜価格)

・14件以下⇒477円(通常報酬)
・15〜24件⇒600円
・25〜29件⇒800円
・30件以上⇒1,000円

 

無料で登録出来る案件なので、成果に結びつきやすいです。

 

アクセストレードを利用して、その価値を把握出来たら、是非紹介してみてください。

 

アクセストレードの公式サイトをチェックする

アフィバックモールについて

アクセストレードには、アフィバックモールというコンテンツがあり、ここから自己アフィリエイトが出来ます。

 

自己アフィリエイトとは、自分で商品購入やサービス利用をすることで、広告主から報酬がもらえる仕組み。

 

ですので、どうせ商品購入・サービス利用をするのであれば、アフィバックモールを経由した方がお得ということになるわけです。

 

 

多種多様なプログラムが対象になっていますが、その中でもおすすめは、金融案件。

 

キャッシュカードの申込みや証券会社の口座開設などは無料で出来て、報酬単価も高いのです。

 

集中して作業すれば、短期間でまとまったお金を稼ぐことも可能です。

 

登録してアフィバックモールを利用してみる

アクセストレードのの評判・体験談の口コミ

口コミで評価されている点が多いのが、「アフィバックモールで自己アフィリエイトで稼ぐことが出来る」という点でした。

 

特に初心者は、成果が出るのに時間がかかるので、手っ取り早く自己アフィリエイトで報酬を得ることが出来るのは嬉しいでしょうね。

 

私の場合、既に書きましたが、金融案件はアクセストレードで固めています。それと、アクセストレードの独自案件も利用中。

 

金融案件をアクセストレードに寄せているのは、インタースペースの社員さんが頑張って単価交渉などを行ってくれるから。

 

その分、貢献しなければとやはり思ってしまいます。

 

一方、改善して欲しいと感じているのが、管理画面の操作性。

 

広告主との提携やレポートなど、登録サイト毎にいちいち切り替えなければならず、これが面倒くさい。

 

ちょっとストレスではありますね。

 

この他、各種セミナーのクオリティも高めで、重宝しています。

 

アクセストレードの公式サイトをチェックしてみる

アクセストレードの稼ぎ方と攻略法

アクセストレードを利用して儲けるためのポイントを挙げていきます。

 

プログラム検索を使い、成果につながりやすい案件を探す

プログラム検索画面では、様々な条件で案件を探すことが出来ます。

 

アフィリエイトにおいて、どのような広告案件を扱うかは、大変重要な要素となっているので、納得のいくプログラム探しをしましょう。

 

 

特に次の条件設定は、成果に結びつきやすく注目です。

 

・アクセストレード独占
・定額、定率、クリック報酬
・報酬アップ

 

スタッフのサポートを受ける

お伝えしたように、アクセストレードの社員さんはフットワークが軽く、非常に協力的です。

 

そのため、相談や要望があれば積極的に問い合わせをしてみるようにしましょう。

 

例えば、審査が通らなかった案件を通してくれたり、報酬単価交渉をしてアップしてくれたり。

 

結果もしっかり伝えてくれますよ。

 

動画セミナーをしっかり視聴する

「ACCESSTRADE CHANNEL」では様々な業種の動画セミナーを視聴することが出来ますが、市場理解や集客、キーワード選定などかなり役に立つコンテンツが豊富に盛り込まれています。

 

特に初心者にとっては、どのようなサイトを作ればよいのか具体的なイメージを描くことが出来るでしょう。

 

取り組むジャンルが決まったら、まずはここの動画を見て勉強してみましょう。

 

アクセストレードに無料登録してみる

【まとめ】アクセストレードの評価

アフィリエイトを取り組むにあたり、必ず登録しておきたいASPの一つといえます。

 

それは独自案件がそれなりに揃っているからで、他ASPで扱っていない広告を掲載出来るのはメリットの一つ。

 

また、社員さんがとても協力的なのも素晴らしいですね。

 

今のところ、私はメインではないものの、金融案件と独自案件に関し、アクセストレードを活用しています。

 

後は、審査や管理画面の改善をお願いしたいなと思っていますが、少なくとも登録して損はないでしょうね。

 

▼アクセストレードはこちらから登録できます▼

 

■この稼ぎ方に興味のある人はこんな稼ぎ方もオススメ!
ネットショップ・ドロップシッピングで稼ぐ
情報商材で稼ぐ
独自サービス開発で稼ぐ

 

 

 

スポンサーリンク

元手0から月収300万円稼ぐまでの3ステップを公開