個人がネットでお小遣い・副収入・本業を稼げるまでの方法を紹介

トップページ > LINEスタンプで稼ぐ

1億円プレイヤー誕生!スタンプ販売で今から稼ぐ方法をご紹介

 

 

 

日常のコミュニケーションツールとしてすっかり欠かせない存在となったLINE。

 

最新の発表によると、主要4か国(日本・台湾・タイ・インドネシア)の月間アクティブユーザー数はおよそ1億7千万人となっています(「平成28年12月期 第4四半期通期決算説明会」より)。

 

そんなLINEにおいて、個人でもラインスタンプを販売して作成出来る「クリエイターズスタンプ」が開始したのは、2014年5月のこと。

 

以来、たくさんの自作スタンプが販売されています。

 

開始から1年後の2015年5月にLINEが公表した数値では、クリエイター上位10人の平均販売額が1億円を突破したことが判明。大いに話題になったものです。

 

しかし最近は、「スタンプを作っても全然売れない」という声もネット上で増えてきました。

 

クリエイターズスタンプ開始当初は400個だった販売数も、今や371,083個(2017年3月末時点)。これだけの数の中から選んでもらうというのは至難の業です。

 

「超売れているごく一部のクリエイター」と、「売上0に近いほとんどのクリエイター」の2極化が進んでいるのが現状です。

 

とはいえ、1.7億人にリーチ出来る市場は大変魅力的。

 

当ページは今から参入する人に向けての「稼ぎ方ガイド」となります。

 

 

スポンサーリンク

2017年クリエイターズスタンプの話題まとめ

これからLINEスタンプで稼ごうと考えている人に知っておいて欲しい、トピックスをまとめています。

 

2014年のサービス開始後、どのような制度変更が起きているのかチェックしてみてください。

 

クリエイターの取り分は売上の35%

LINEスタンプは自作のスタンプが売れた時、その売上額をLINE社側とレベニューシェアする仕組みです。

 

現在は、売上総額の35%がクリエイターの取り分となっています。

 

このシェア率は2015年の2月に改訂され、それ以前に作成・販売されたスタンプ分は50%が取り分となっています。

 

月間MVP制度の開始

 

2015年5月からスタークリエイターの発掘を目的に、「月間MVP制度」がスタートしました。

 

MVPはダウンロード数を元に算出され、「総合」「ダウンロード累計」「クリエイター累計」「動くスタンプ累計」の4部門があります。

 

受賞特典は次の通りとなっており、さらなる売り上げ増が見込める支援を受けられます。

 

■月間MVP受賞者の特典
・公式スタンプの販売権
・スタンプショップへのバナー掲載権
■ダウンロードランキング上位3名の特典
・公式スタンプの販売権

 

「LINE クリエイターズマネジメント」の開始

 

2015年5月18日から、トップクリエイターによるLINEスタンプ作品の商品化など、ライツマネジメント支援を行う「LINE Creators Management」を開始しました。

 

つまりは、芸能事務所のような役割で、トップクリエイターをマネジメントし、作品に登場したキャラクターの育成支援を行うという内容です。

 

自作のキャラクターのグッズ販売を行っているトップクリエイターは多いのですが、このマネジメント制度を通さずに自分で管理を行っている人もけっこういますね。

 

「動くスタンプ」を販売出来るようになった

 

2016年6月21日から、アニメーションスタンプ(動くスタンプonクリエイターズマーケット)の販売が開始されました。

 

動的スタンプは使っていて楽しいものです。

 

静的スタンプの販売価格相場に対し、動くスタンプの販売価格相場は2倍となっており、売上単価の向上が見込めます。

 

この場合、APNGファイルを利用して作成することになります。

 

このように様々な動向を見てみると、「売れているクリエイター」はますます優遇される傾向にあり、2極化の傾向はこれからも広がりそうです。

トップクリエイターの「LINEスタンプ販売」収入を公開

LINE社では、2014年11月と2015年5月の2回にわたり、人気スタンプの販売額を公表しています。

 

その販売額からは、クリエイターの収入も推測でき、公表当時は「ラインスタンプ販売はこんなに稼げるのか!」と話題になったものです。

 

残念ながら、それ以降販売額の公表は行っていませんが、実際にトップクリエイターがどの位稼いでいるのかをご確認ください。

 

2014年11月公表実績データ

当時の、クリエイターへの収入は、販売額の50%でした。クリエイターズマーケット開始から6か月後の数字です。

 

売り上げ上位のスタンプ平均販売額とクリエイターへの配分額

ランキング 1セットあたりの平均販売額 クリエイターの収入(50%)
上位10位 3,680万円 1,840万円
上位30位 2,360万円 1,180万円
上位100位 1,300万円 650万円
上位1000位 270万円 135万円

 

1つのスタンプで1,000万円以上稼げるというのは、やはり夢がありますね。

 

スタンプ1セットあたりの販売額比率

スタンプ1セットあたりの販売額 該当するスタンプ数の比率
1000万円以上 0.2%
100万円以上 2.1%
50万円以上 1.7%
10万円以上 7.4%
1万円以上 29.4%
1万円未満 59.2%
合計 100%

 

夢がある一方で、6割のスタンプは1万円も稼げていないことが発覚し、同時に厳しい現実も認識させられました。

 

2015年5月公表実績データ

クリエイターズマーケット開始から1年後の数字です。2015年2月以降作成分のスタンプからクリエイターへの配分は売上の35%に下がりました。

 

ここでは、クリエイターへの収入は、便宜上40%で算出しています。

 

概要

・登録クリエイター数 393,000人
・販売中のスタンプ数 110,000セット
・販売総額 89億4600万円

 

トップクリエイターの販売額と収入

項目 販売額 クリエイターの収入(暫定40%)
スタンプ別上位10位平均 5,050万円 2,020万円
クリエイター別上位10位平均 1億900万円 4,360万円

 

上位10位のスタンプ販売額数が前回調査時の3,680万円から5,050万円に上昇。

 

さらに、1億円以上を売り上げているクリエイターが存在していることが判明しました。

 

開始1年間で一億円プレイヤーの誕生ということで、まるで芸能界やプロ野球の世界ですね。

ラインスタンプで稼いだ人はどんな人?

ここではLINEスタンプ販売で稼いでいるトップクリエイターの方々を紹介いたします。どのようなスタンプが売れているのか、スタンプを作成する際の参考にしてください。

 

2017年3月末で販売数10位以内に入っているクリエイター

 

いしいともこさん

・1位・2位・5位・6位「大切な毎日に、無難なスタンプです。」他
・販売作品数:223件

上位を独占している現時点でのナンバーワンクリエイター。作品数も非常に多いですね。どんな人でも使いやすいスタンプです。

 

ともぞーさん

・3位・10位「え?今動いた!?ちょこっと動く顔文字くん」他
・販売作品数:26件

ランクインしているのは、両方とも「動くスタンプ」。普通のメッセージが動き出すという斬新なアイディアが素晴らしいです。

 

ムーーーーーミンさん

・4位「誰でも使える毎日スタンプ」
・販売作品数:65件

「毎日誰でも飽きずに使えるスタンプ」がコンセプト。いしいともこさんと同じ方針の作品であり、幅広い層に受け入れられやすいのでしょう。

 

ポテ豆さん

・7位「お前の悩みを俺が斬る」
・販売作品数:40件

インタビューによると、最初はなかなかヒットしなかったそうです。表情が乏しい作品が一番売れたので、「目が笑ってない着ぐるみたち」を作り、最初のヒットとなりました。

 

たかださん

・8位「けたたましく動くクマ4」
・販売作品数:5件

いずれも動くスタンプ。シュールでかわいいと話題になりました。たかださんは学生で、友人と2人で制作。収入は前月の150倍になったそうです。

 

くおんさん

・9位「キモ激しく動く★ベタックマ2」
・販売作品数:96件

トーンの違う作品を量産していますが、個人ではなく「クオン社」というキャラクタービジネスを展開している会社が手掛けています。

 

その他常連のトップクリエイター

 

カナヘイさん

・「ゆるっと動く!カナヘイのピスケ&うさぎ」「カナヘイのシンプル日常編」他
・販売作品数:96件

愛媛在住の人気イラストレーター・漫画家。動物を多用し、かわいらしさを強調した王道路線。今や個展も開催するほどの人気クリエイターになりました。

 

wakutaさん

・「うざいくまです。」「うざいくまです。動2。」他
・販売作品数:69件

青山学院大学の学生でしたが無事卒業。当初30以上作成し、その中の一シリーズが大ヒット。絵心がなくてもアイディア次第で売れるということですね。

 

じょのんさん

・「うさぎ時々ひよこ。」「ひよこ時々うさぎ。」他
・販売作品数:8件

兵庫県在住。こちらもヘタな絵が見事にハマりました。キャラクターグッズ販売など多角化を図っている模様。

 

サイト管理人もチャレンジしてみました!

私も2015年前半に8種類ほどスタンプを作成し、販売しています。現在は、ツイッターのBOTなどを活用し、自動集客に切り替え、一切作業をしておりません。

 

大きな金額ではないですが、それでも、いまだに毎月何もせずに一定額をコンスタントに稼いでくれているので、満足しています。

 

もし、再開するとしたら人気の作品の第2弾や横展開をして、ヒットする確率を高めていく予定です。

 

ちなみに私が販売している中で1、2を争う感じで売れているタイトルの一つが、お金持ち男の1日です。

 

 

お金持ちになりたい人向けに「お金持ち体験」を事前にしてもらうべく作成してみました。よろしければ利用してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

本当に稼げるの?「売れない」と嘆く人達まとめ

トップクリエイターと人気作品を紹介しましたが、お伝えしたように実際は稼げていない人がほとんど。作品数はますます増え、大半の作品はその中で埋もれてしまっています。

 

ここでは、そんなリアルな現状を調査してみました。

 

プロレスつっこみ

 

14年9月リリース当初は、初月20万円、翌月10万円と順調なスタートだったプロレススタンプ。

 

しかしやがて、大手プロレス団体がクオリティの高いスタンプを販売するようになり、売上は急降下。今では月に1,000円程度の売り上げになっているとのことです。

 

【出典】「週刊SPA!」2016年 9/20・27 合併号「ヤバい副業その後」より

 

ふぐふぐスタンプ無責任編

 

15年9月に発売。発売開始から2週間の売上は2,061円。初日に1,000円程度売れ、その後1日数十円の売上ペースです。

 

【出典】ふぐふぐ怒りのブログより

 

おあいそ!スシオくん

 

家族や友達が買ってくれた他はほぼ売れず。トータル売上985円。売上は1,000円から引き出せるので、無収入ということになります。

 

【出典】ネタりかより

 

いかがでしょうか?売れていないスタンプもこれはこれで良さそうな気もします。

 

しかし全く売れないとのことで、宣伝方法など作品以外の要素もあるのでしょう。

 

現在売れているクリエイターの方の中には、最初は全く売れずに試行錯誤した経験を持つ方も少なくありません。

 

失敗を繰り返しながら、あきらめずに作品を生み出し続ける必要があります。

LINEスタンプを最も簡単に作る方法

LINEスタンプを販売して稼ぐには、次のような3つの手順をふむことになります。

 

【1】企画
【2】制作
【3】プロモーション(宣伝活動)

 

この中で、一番難しそうだと躊躇するのは、「制作」の部分ではないでしょうか?

 

私も当初は全くの未経験で、やり方もわからず不安でした。しかし、結局8種類のスタンプを完成させています。

 

アプリなどの専用ツールを使用することで、とても簡単に作れたのは予想外でした。しかも、コスト0円です。集中すれば3日位で1セット出来てしまいます。

 

私が重宝しているのが「ScanStamp - 手描きスタンプ」というアプリ。

 

 

詳細はアプリの紹介ページの操作手順書を読んで頂きたいのですが、おおまかな手順としては下記の通りです。

 

1.コンビニなどで売っているメモ帳に40個のスタンプと、サムネイル2つを書く。私の場合は鉛筆で下書きし、マジックでなぞりました。

 

2.書いた絵を「手書きスタンプ」アプリで撮影。撮影した画像を無料のイラストレーターに取り込む。

 

3.画像の汚れをイラストレーターで取り除き、色を付ける。

 

たったこれだけ。

 

私たちは素人なのですからわざわざ高い機材を購入する必要もありません。

 

また、アイディアで勝負するので、高額な機材があるから売れるというわけではありません。あくまでも発想力で勝負してみましょう。

 

「絵心がない」という方は、本職の人に描いてもらおう

「作り方が簡単なのはわかったけれど、それでも絵はどうしても自信はない」という人もいらっしゃると思います。

 

そのような方は、自分のアイディアを世に出すために、イラスト制作をプロの方に外注してしまうのも手段の一つです。

 

そこで、外注先としておススメなのが、ココナラというサイトです。

 

ココナラは、自分のスキルや知識をオンライン上で販売するというサービス。

 

様々な商品が販売されていますが、その中に、「LINEスタンプ制作」を請け負ってくれる方がいて、かなりお得な価格で対応してくれます。

 

スタンプがヒットすれば楽々回収出来る額なので、アイディアに自信のある方は是非、活用して頂きたいサービスです。

 

ココナラ以外ですと、ランサーズなどのクラウドソーシングサービスでもイラストレーターに依頼出来るので、比較検討してみると良いでしょう。

LINEスタンプで稼ぐメリット・デメリットと向いている人

メリット

・約1.7億人にリーチするため、ヒットすれば短期間に数千万円レベルで稼げる
・作り方に慣れてしまえば数日で1セット作れる
・過去の実績やテクニックは関係なく、アイディアで勝負出来る

デメリット

・クリエイターズスタンプの数が急速に増えており、競争が激化
・運営会社側の都合でレベニューシェアが下がるなどのリスクが想定される
・LINEのサービスに依存しているので、LINEが下火になるとそのまま売上減につながる

 

こんな人に向いています!
・アイディアで勝負してみたい
・絵を描くのが好き・苦ではない
・LINEをよく使っていて、スタンプの利用シーンを熟知している

LINEスタンプで稼ぐためのコツ5つのポイント

売れているスタンプを研究しよう

何よりも大事なのはマーケティングです。

 

販売中のスタンプの売上が調べられるサイトがたくさんインターネット上にあるので、売れているスタンプの傾向、売れていないスタンプの傾向を調査しましょう。

 

これだけ多くのスタンプがあると、引っ掛かりのない凡庸なスタンプはあっという間に埋もれてしまいます。

 

売れているスタンプがどのようなアイディアで勝負しているかをチェックするのはとても大切です。

 

ターゲットを明確にし、利用シーンを書き出してみよう

普段ラインでやりとりしている時に「こんなスタンプがあったら良いのにな」と感じることがあるでしょう。

 

その想いを大切にして、しっかりと作品に落とし込めるようにしましょう。

 

その際、どのようなターゲット層に利用してもらうかを決めておくとスムーズにスタンプを作ることが出来ます。

 

アイディア事例

・方言や他国の言語が使えるスタンプ
・看護師やキャバクラ嬢など特定の職業向けのスタンプ
・だじゃれが書かれている親父向けスタンプ など

 

アイディア出しに行き詰ったら、先述したクラウドソーシングを活用して、アイディアを募集してみるという方法もあります。

 

たくさんのスタンプを販売して、PDCAサイクルをまわそう

LINEスタンプ作成はストック型のビジネスです。

 

たとえ、一つのスタンプの売上が月1,000円しか稼げなかったとしても10セット作れば月の売上は1万円になります。

 

そして、先述したクリエイター、wakutaさんのように30セット作って、その中の一つが大ヒットするということもあります。

 

品質を維持しながらたくさんのスタンプを作り、販売していきましょう。数が増えれば収入も比例して拡大していきます。

 

また、一つ作ったら、PDCAを回し、仮説検証を繰り返しながら量産していくと、作品の精度を高めていくことが出来ます。

 

プロモーション活動に力を入れよう

お伝えしたように、既に相当数のスタンプが販売されています。

 

販売当初は、「新着スタンプ」として紹介されますが、あっという間に埋もれてしまい、目立たなくなります。

 

LINEスタンプ販売で成功する上で、プロモーション(宣伝活動)はとても重要な要素の一つです。

 

プロモーションの方法として、例えば下記のような方法が挙げられます。

 

プロモーション方法事例の一覧

・特設サイトを作り、作品の紹介や制作裏話などのコンテンツを用意する
・ツイッターの専用アカウントを作り、画像付きのツイートで拡散していく
・FACEBOOKページを作成。イラストを投稿して「いいね!」を増やす
・友人や知人とのLINEでのやりとりの際、さりげなく自分の作品を使用してみる

 

実際に他の人がどのように活用しているのか、調べてみることをお勧めします。

 

スタートダッシュをかけ、集中して売上を伸ばそう

LINEを利用している方はご存知だと思いますが、スタンプショップ内の「クリエイターズスタンプ」は、人気順に並んでいます。

 

そのため、「人気上位のスタンプであればあるほど、ますます売れる」という仕組みになっているのです。

 

そのため、販売開始時にプロモーションを一気に集中させ、ランキング上位を狙う必要があります。

 

プロモーションは、ゆっくりやるのではなく、同時期にあらゆる方法で実施しましょう。

まとめ

競争の激しい分野ではありますが、同時に約1.7億人に一気にリーチ出来るという市場もとても魅力です。

 

後発で参入するには、斬新なアイディアを生み出す必要があり、「ヒットするまでは絶対あきらめない」という強い覚悟が必要になるでしょう。

 

人気のクリエイターはたくさんの作品を生み出している人が多いです。

 

多くの作品を作るうちに、ユーザーにささる勘所がわかるようになり、ヒット作が生まれるようになっていきます。

 

魅力的な市場は、ヒットするまで相当な努力が必要です。そして、LINEスタンプ販売もそれに該当します。

 

一攫千金を狙いたいと考えている方は、是非チャレンジしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

■この稼ぎ方に興味のある人はこんな稼ぎ方もオススメ!
Youtubeで稼ぐ
キャラクタービジネスで稼ぐ
セルフブランディングで稼ぐ

「お金持ち脳」を作るおすすめの無料講座開講中!

私が月300万円を稼げる大きなきっかけとなったのは、ファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座」でした。

講座では、お金の「10の教養」「10の仕組み」についてレクチャーしてくれます。お金の考え方が180度変わった日で、収入額に関係なくお金が貯まる脳構造になるでしょう。

講座は東京・大阪・京都・愛知で無料で定期的に開催。毎年千人ほどが受講しています。詳細はコチラ

月収300万円までのステップと稼ぎ方を公開中