個人がネットでお小遣い・副収入・本業を稼げるまでの方法を紹介

トップページ > フランチャイズビジネスで稼ぐ

ネットを活用したFCに加盟して、ローリスクハイリターンを目指す

 

 

 

確固たるビジネスモデルがまだ固まっていないようでしたら、既にノウハウが確立しているフランチャイズ(FC)に加盟することも手段の一つです。

 

フランチャイズビジネスと聞くと飲食店やコンビニなどのリアルな店舗展開をイメージする方が多いでしょう。

 

しかしながら現在は、インターネットを活用することで自宅にいながら開業出来るフランチャイズビジネスが存在します。

 

そのようなビジネスモデルは、店舗を建てる設備費がかからず、人件費もほとんど必要ないため、小資金で始められ、高い収益率を得られることが多いのです。

 

このページでは、ネットビジネスの総仕上げの一つとして、フランチャイズビジネスに加盟して「ローリスクハイリターン」で稼ぐための方法をお伝えいたします。

 

 

スポンサーリンク

フランチャイズとは?FCで稼ぐ仕組み

フランチャイズとは?

フランチャイザー(フランチャイズ本部)と呼ばれる既存事業主が、フランチャイジー(加盟店)と呼ばれる別の事業者と契約を交わします。

 

そして、フランチャイズ本部が加盟店に対し、自身の事業の商標やビジネスモデル、サービスノウハウなどを伝授し、加盟店に稼いでもらう仕組みです。

 

加盟店は最初から成功しているビジネスモデルやブランドを利用して経営出来るわけですから、収益が見込めやすいというメリットがあります。

 

一方、見返りとして加盟店は本部に使用料を払う必要があります。

 

例えば、セブンイレブンやマクドナルドなどのお店は自社運営(直営店)の店舗も一部ありますが、大半はフランチャイズとして加盟店が運営しています。

 

 

フランチャイズ本部が加盟店に与える特権

本部が加盟店に与える特権は、主に次の3点です。

 

【1】本部の商標、サービスマーク、チェーン名称を加盟店が使用する権利

 

【2】本部が開発した商品やサービスなど、経営上のノウハウを加盟店が利用する権利

 

【3】本部が継続的に行う指導や援助を加盟店が受ける権利

 

例えば、個人商店のよくわからない牛丼より、吉野家の牛丼の方が味も接客サービスも知っているので安心してお店に入る事が出来ますよね。

 

さらには、収益が出るビジネスモデルとして既に確立しているので、失敗するリスクもかなり少なくなります。

 

加盟店がフランチャイズ本部に支払う対価

フランチャイズ本部の企業により対価の種類は異なりますが、一般的に下記のお金を支払う必要があります。

 

開業時に支払うお金の種類

加盟金:契約時に支払います。商標利用やノウハウ等の使用許可に対する対価です
保証金:加盟店が債務不履行となった場合の担保として徴収します
研修費:開業前に本部の直営店などで加盟店に教育指導する時にかかる費用です
初期経費:システム代や設備・機材費など開業時にかかる経費です

 

開業後に支払うお金の種類

ロイヤリティ:特許権や著作権の使用料。毎月、「利益の○%を支払う」タイプや「固定で○万円支払う」タイプなどがあります

 

機材レンタル費:使用する機材を購入ではなくレンタルする方であれば、月額のレンタル代がかかります

 

 

加盟店にとっては経営ノウハウやブランドが得られ、フランチャイズ本部にとっては使用料が得られる。

 

共にウィンウィンの関係になれるのがフランチャイズの仕組みなのです。

フランチャイズ経営のメリット・デメリット

フランチャイズビジネスを取り組むにあたり、メリットとデメリットを把握しましょう。

 

フランチャイズビジネス3つのメリット

ネームブランドがあるので、最初からお客さんが利用しやすい

個人商品の場合、サービスに知名度がないので、開業時の集客に苦労することになります。そして、ヒットする可能性がある反面、失敗するリスクも高いです。

 

一方、フランチャイズの場合はチェーン展開しているブランドを使うので、お客さんも最初から安心して利用することが出来ます。また、そのために極端な失敗ということもないでしょう。

 

本部の各部署が経営をバックアップしてくれる

ほとんどのフランチャイズは加盟すると、本部による継続的なバックアップサポートが入ります。

 

具体的なバックアップ内容としては、次の点が挙げられます。

 

・スーパーバイザーによる経営や店舗運営のバックアップ
・研修部による人材教育や育成
・開発部による優良な立地・物件探しや新商品開発

 

個人商店ではカバー知り切れない領域を人的リソースをかけて支援してくれます。

 

スケールメリットを生かしていいものを安く仕入れられる

飲食店を例に挙げると、個人商店が食材を仕入れるのと、フランチャイズ本部が各チェーン店分の食材を一斉に仕入れるのとでは、仕入れ価格が変わってきます。

 

良い食材を安く仕入れられるのがフランチャイズ加盟店のメリットであり、当然ながら経営的にも、利用者に提供する際の価格設定にも良い影響をもたらしてくれます。

 

このことは、備品や什器、チラシ印刷など様々な点であてはまります。

 

フランチャイズビジネス3つのデメリット

ロイヤリティを取られる

個人商店であれば支払う必要がないお金です。

 

バックアップを受けられる手数料といえるでしょう。

 

自分の自由に出来ない

フランチャイズに加盟している飲食店を例に挙げれば、料理のレシピや提供する価格帯、接客方法などがほとんどマニュアル化されています。

 

よって、自分に出来る裁量には限界があります。

 

「創意工夫をこらして自分ならではのサービスを提供したい」というのであれば、個人商店の方が良いでしょう。

 

複数年の契約が多く、一度開業したら簡単に辞められない

フランチャイズの契約はほとんどの場合、3〜5年程度の単位で契約します。

 

そのため、契約期間中に解約をする場合は、解約金が発生し簡単に辞めることは出来ません。

 

一度加盟した場合、一定期間は最低限継続する覚悟が必要になっていきます。

 

生存率を比べてみると?

フランチャイズの良い点、悪い点をそれぞれ挙げさせて頂きましたが、1点大事な事があります。

 

それは、生存率です。

 

中小企業庁が出している『中小企業白書』によると、個人で独立・開業したお店が5年後も継続している確率はたったの約25%。そして、10年後となると約10%にまで激減してしまうのです。

 

これに対して、フランチャイズ加盟店が5年後に生き残っている確率は70%(社団法人日本フランチャイズチェーン協会「各年度のフランチャイズチェーン店舗数の統計データ」と、経済産業省の「我が国のフランチャイズの現状」の中のフランチャイズの廃業率を元に推計)

 

圧倒的にフランチャイズ加盟店の方が生存率は高いのです。

 

「個人商店がチェーン店に押されて廃業する」というニュースはよく聞きますが、実際にデータとなって表れているというわけですね。

フランチャイズビジネスで失敗しないポイント

ホリエモンこと実業家の堀江貴文さんは、失敗しないビジネスの鉄則として、次の4点を挙げています。

 

・大資本の要らない商売
・利益率の高い商売
・在庫をできるだけ持たない商売
・月極めで定額の収入が入る商売

 

そして、このことはフランチャイズ経営にもあてはまるものなのです。

 

フランチャイズに加盟することを検討する場合、上記の点を考慮して業態選びを行うことで、成功確率を高めることが出来ます。

 

さらには次のフィルタもかけましょう。

 

・10年以上続きそうな業態か
・新しいビジネスアイディアに取り組み、同業他社との差別化を図っているか?
・自分がお客の立場になった場合、満足出来るサービスを提供しているか

 

時代に伴いニーズは変化してきますので、長期スパンで考えて生き残れるかという要素も大切です。

自宅で小資本で開業出来る業態リストを公開!

具体的に先ほどお伝えした「失敗しない」条件に当てはまるフランチャイズの業態をリストアップしてみました。

 

ポイントは、「在庫を持たない」「ネットを活用することで店舗を持たない」という点。

 

商圏により変化もあるので、100%失敗しないとはさすがに言いきれませんが、失敗する確率はかなり低いですし、万が一撤退した場合の損失も少なく済みます。

 

フランチャイズ加盟を検討する際の参考にしてみてください。

 

※2017年4月時点の募集案件です。既に募集が終了している案件がある可能性もありますが、何卒ご了承ください。

 

気になったFC企業は資料を取り寄せて研究しましょう

フランチャイズ加盟を検討する際は、10社以上の本部資料を集めるのが一般的です。

 

そこから各社のサポート体制や収益モデルを比較・検討し、実際にサービスに触れて絞り込むようにしましょう。

 

芸能プロダクション

アイドルの育成ビジネスです。アイドルを募集やスカウトで集めて育成。アイドルユニットを立ち上げ、CDデビューさせます。

 

収益は、ライブ・イベントの出演料とグッズ販売、CD販売の印税やテレビや映画出演時に発生するギャランティになります。

 

パソコンと携帯電話さえあれば良く、自宅開業が可能です。

 

該当サービス

・LZM.JP…フランチャイズの窓口より資料請求が可能

 

探偵事務所

景気に左右されず、人に悩みがある限り、絶対になくならないビジネスです。

 

「不倫・浮気調査」が最も多く、その他に「行方調査」「素行調査」「婚前・結婚調査」などが定番の依頼となっています。

 

中には、「0円開業」が可能なフランチャイズ本部も存在します。

 

該当サービス

・総合探偵社シークレットジャパン…フランチャイズの窓口より資料請求が可能
・総合探偵社オルカジャパン…フランチャイズの窓口より資料請求が可能
・コンシェルジュリサーチ……フランチャイズの窓口より資料請求が可能

 

結婚相談所

仲人として、婚活している異性を引き合わせて、結婚につなげるビジネスです。会員の月会費やお見合い料、成婚料など様々な収入口があるのが強みとなっています。

 

店舗不要で経費がほとんどかからないため、利益率90%以上を出すことが可能です。

 

該当サービス

・日本結婚相談所連盟…フランチャイズの窓口より資料請求が可能
・ノッツェ…フランチャイズの窓口より資料請求が可能

 

便利屋ビジネス

依頼を受けて依頼者の自宅や会社に出向くビジネスモデルのため、店舗を持つ必要がありません。

 

部屋の片づけや家具の移動、通販家具の組み立てなど日々様々な依頼が来るので飽きることがありません。

 

該当サービス

・便利屋!お助け本舗…BMフランチャイズより資料請求が可能

 

ハウスクリーニング

依頼者の自宅や会社に出向き、クリーニングやコーティング作業などを行います。

 

インターネットや電話で依頼を受けるので、店舗を持つ必要がありません。業界トップの技術を研修を通じて習得することが出来ます。

 

該当サービス

・ダイキチカバーオール…フランチャイズの窓口より資料請求が可能
・カメレオン…フランチャイズの窓口より資料請求が可能
・ノモメンテ…BMフランチャイズより資料請求が可能
・おそうじ革命…BMフランチャイズより資料請求が可能
・マイスターコーティング…フランチャイズサポートより資料請求が可能

 

リペア・リフォーム

壊れた物品を修復したり、ルフォームしたりする仕事です。

 

壊れた物品を郵送で届けてもらったり、依頼者の元へ伺いリフォームするため、自宅での開業が可能です。

 

該当サービス

・張替本舗金沢屋…フランチャイズの窓口より資料請求が可能
・株式会社TS日本…フランチャイズサポートより資料請求が可能

 

高齢者向け配食サービス

毎日、利用者の自宅へ栄養バランスの良い食事を届けるサービス。

 

高齢化が進む日本において市場の拡大が見込まれ、契約者が増えれば毎月の売上も積みあがっていくストック型のビジネスモデルです。

 

自宅の空きスペースがあれば仕事が出来、0円で開業可能なフランチャイズ本部もあります。

 

該当サービス

・まごころ弁当…まごころ弁当HPより資料請求が可能
・ライフデリ…フランチャイズWEBリポートより資料請求が可能
・宅配123…フランチャイズWEBリポートより資料請求が可能

 

訪問医療マッサージ

配食サービス同様、高齢化の増加に伴い、今後の利用者の伸びが期待されます。

 

依頼者の自宅や高齢者施設に伺い、マッサージを行います。オーナーであれば人を雇えばよいのでマッサージ師の資格を取る必要もありません。

 

医療マッサージは健康保険が適用され、9割は国から支払われるので未払いの心配がない点も強みです。

 

該当サービス

・みんなの笑顔治療院…フランチャイズの窓口より資料請求が可能
・KEiROW…フランチャイズサポートより資料請求が可能

 

印刷ビジネス

印刷機器を持ち込む必要がなく、パソコンとプリンターのみで名詞プリントなどのビジネスを行えます。

 

そのため、自宅の一室を開業スペースとして利用出来るため、圧倒的に低資本で始めることが可能です。

 

格安な価格設定でありながら利益率は70%。リピーター客が多く、安定収入が見込めます。

 

該当サービス

・ぷりんと博士ステーション…フランチャイズサポートより資料請求が可能

 

ECショップ

「大手ECサイトで売れている商品を探し」、「同じ商品を中国版ネットショップで探す」作業。

 

売れることが確実な商品を安く仕入れるスタイルで、利益率は30〜40%。

 

自宅で1人での開業が出来、1日1時間で月40万円以上、2時間で月80万円以上が見込めるため、副業として取り組む方も多いです。

 

該当サービス

・輸入物販アドロジ…フランチャイズの窓口より資料請求が可能

 

ウォーターサーバー販売代理店

ウォーターサーバーを販売し、契約に結び付くと報酬が入ります。

 

加盟金やロイヤリティは無料の会社も多く、紹介した利用者がウォーターサーバーを使い続ける限り、毎月報酬が入り、ストック型のビジネスモデルが実現出来ます。

 

該当サービス

・水道直結型サーバー「CoolQoo」…フランチャイズの窓口より資料請求が可能

まとめ

当サイトではネットビジネスを通して月収300万円稼ぐことを目標にしています。

 

そして、その方法は次の3つのレベルに分かれます。

 

【レベル1】元手0から確実にお金を貯める
【レベル2】元手0〜小資金で労力をかけて大きく稼ぐ
【レベル3】稼いだお金で資産を増やす・ネットビジネスのスキルで新しい市場を作る

 

「フランチャイズビジネスで稼ぐ」手法はレベル3に該当し、レベル2で稼いだお金を資金に回して、より大きく稼ぐことを目的にしています。

 

とはいえ、当然ですが投資先は何でも良いというわけではありません。

 

フランチャイズに資金を使うにしても、より効率的に資金を膨らますコツがあるわけです。

 

それが、「小資金から始められ、収益性が高いビジネスモデル」へのフランチャイズ加盟です。

 

インターネットをうまく活用することで、店舗を持たなくても経営が可能なフランチャイズが存在するのでそれを使わない手はありませんね。

 

中には、副業やサイドビジネスから始められるフランチャイズもあります。気になった会社を見つけたら、是非資料を取り寄せてじっくり研究してみてください。

 

スポンサーリンク

 

■この稼ぎ方に興味のある人はこんな稼ぎ方もオススメ!
サイト売買(M&A)で稼ぐ
独自サービス開発で稼ぐ
投資で稼ぐ

 

 

元手0から月収300万円稼ぐまでの3ステップを公開