個人がネットでお小遣い・副収入・本業を稼げるまでの方法を紹介

トップページ > 自動販売機設置場所探しで稼ぐ

外出時に稼げる!行動力が勝負の自動販売機設置場所探し

 

「自動販売機設置場所探し」は、自分で自動販売機を置けそうな場所を探して、見つけたらその土地のオーナーに設置のお願いをし、可能性がありそうであれば専門業者に紹介することで稼ぎます。

 

1台設置する事に報酬が発生し、都心部であれば2〜5万円前後、郊外や人通りの少ない住宅地なら2〜4万円前後が相場です。

 

自動販売機設置代行会社の専門サイトに登録することで実施可能。無料で登録出来ます。

 

この方法で見込める月平均の収入相場は6万円。もちろん、1台も設置できない場合の収入はゼロになります。

 

とてもシンプルで誰でも稼げる方法のため、外回りの営業マンが本業のついでにさがしたり、時間に余裕のある主婦が行っているケースが多いようです。

 

ノルマもないので、副業と考えればおいしいお小遣い稼ぎになりますね。

 

トップセールスをしている方は毎月10件以上紹介しているとのこと。こうなると平均のサラリーマン月収さえ上回ってきます。

 

ある程度の交渉するスキルが必要になってくるので、人と話すことが好きな方や営業経験のある人に向いています。

 

知り合いが多ければ、知り合いにお願いしてみるのも良いでしょうね。

 

このページでは、自動販売機設置場所探しの手順や報酬体系、さらには番外編として、自分の敷地に自動販売機を設置出来る人向けに、「自動販売機オーナー」として稼ぐ方法をお伝えいたします。

 

スポンサーリンク

 

目次

・自動販売機設置場所探しの利用手順
・自動販売機設置 1台あたりの報酬目安
・自動販売機設置場所探しメリット・デメリットと向いている人
・自分の土地があれば、自動販売機オーナーとして稼げる

自動販売機設置場所探しの利用手順

初心者が報酬を手に入れるまでの手順をお伝えします。

 

ステップ1
自動販売機設置代行会社の専門サイトに登録
※サントリー・アサヒ・伊藤園の自動販売機を扱っています

↓↓

ステップ2
専門サイトの担当者から連絡が入り、電話面接。その後名刺を作成し郵送
※名刺代4,320円+代引手数料+送料となります

↓↓

ステップ3
駐車場の隅やマンションの入り口、工場、病院など自動販売機が置けそうな場所を探す

↓↓

ステップ4
場所が見つかれば、その土地の所有者に声をかけ、自販機設置の依頼をする

↓↓

ステップ5
話がまとまれば専門サイトへ設置候補の連絡先を伝える(ここで作業は終了

↓↓

ステップ6
専門サイトからメーカーの営業マンを派遣。設置が完了したら報酬が支払われる

自動販売機設置 1台あたりの報酬目安

エリアにより報酬額は変動します。繁華街やオフィス街、駅前など人通りが多い場所にはプラス査定がつきます。また、薄型機の自販機設置の場合は目安額の50%が相場になっています。

 

■1台設置あたりの報酬目安

東京23区 20,000〜50,000円
名古屋周辺 20,000〜40,000円
大阪周辺 20,000〜40,000円
福岡周辺 20,000〜30,000円
その他エリア 10,000〜30,000円

■プラス査定が入りやすい場所一覧
・マンション
・アパート
・宿泊施設
・飲食店
・学習塾
・予備校
・各種娯楽施設
・コインランドリー
・工場
・作業所 など

専門サイト「自動販売機設置場所探し S.D.S」の評判・口コミなど

 

この稼ぎ方を実践するには専門サイト自動販売機設置場所探し S.D.Sに登録する必要があります。

 

自動販売機はサントリーとアサヒ、伊藤園を取り扱い。一流メーカーの自販機なので安心ですね。

 

さらに実績が出た人には次のようなボーナスを特典として付けています。

 

・1か月に5件以上の成約設置で1万円のボーナスプレゼント
・1か月に10件以上の成約設置で3万円のボーナスプレゼント
・4か月に40件以上の成約設置で20万円のボーナスプレゼント

 

実施している人の口コミや評判を調べてみましたが、成約するのは簡単なことではなく、交渉スキルがある程度必要になってくるようです。

 

最初は「散歩や外回りのついでに収入が増えたらめっけもん」くらいの感覚からチャレンジしてみるとよさそうですね。

 

スポンサーリンク

自動販売機設置場所探しメリット・デメリットと向いている人

メリット

・最小限の経費。集中すれば短期間で大きく稼げる
・設置場所を紹介するだけ。その後のメンテナンスや力仕事の必要はない
・ノルマや会社に通勤する必要はなく、好きな時にどこでも働ける

デメリット

・行動しても設置が決まらなければ報酬は0円
・土地の所有者を説得できる営業力がある程度必要
・その場限りの報酬支払いのため何もしなければ報酬は0円に戻る

 

こんな人に向いています!
・飛び込み営業などの経験がある。または話術に自身がある
・様々な場所に出かける機会が多い
・短期間に集中して稼いでいきたい

自分の土地があれば、自動販売機オーナーとして稼げる

 

自分の家の前など自動販売機が置ける空きスペースがあるようであれば自分で自動販売機のオーナーになってみるのも良いでしょう。

 

この場合は定期的なメンテナンスだけで済む、「不労所得」を実現出来ます。

 

一般的に手法としては、次の2種類が存在します。

 

フルオペレータータイプ

飲料メーカー側が飲料の補充や空き缶の回収、ごみ箱の掃除など全ての管理・メンテナンスを行ってくれる仕組みです。

 

所有者側は何もやる必要がなく、土地を貸して、電気代を負担するだけなので楽です。

 

この場合、所有者には1本売れる事に20〜25円(売上の20〜25%)の収入が入ります。

 

まさに、「不労所得」ですが、注意しなければいけないのが、電気代が収入を上回ってしまうと赤字になってしまうこと。

 

自動販売機1台にかかる電気代の目安は月に4,000〜5,000円ですので、月に200本は売らなければいけません。

 

セミオペレーショタイプ

こちらは管理・メンテナンスを所有者側で行う分、コストをかけずに利益率を高めていくやり方です。

 

自販機を購入、もしくはリースで所有。

 

そして、飲料の仕入れから補充、空き缶回収などを自分で行うのです。

 

手間はかかりますが売上は全て所有者側に入るので、利益率が高くなります。

 

ポイントはいかに仕入れを安く出来るかにつきます。

 

自販機も中古で手に入れたり、飲料は卸から最安値で確保する。

 

地味で手間もかかりますが、儲かりやすい環境になります。

 

この方法を徹底し、設置台数も増やしながら手堅く稼いでいる人もいます。

 

どちらの方法にしろ、綿密なシミュレーションが必要であり、赤字回避が出来る確証を得てから取り組むべきです。

 

設置にあたっては無料で相談に乗ってくれるサイトもあるので事前にしっかりと相談してみることは必須です。

 

スポンサーリンク

 

■この稼ぎ方に興味のある人はこんな稼ぎ方もオススメ!
覆面モニターで稼ぐ
せどり・転売で稼ぐ
代行業で稼ぐ

元手0から月収300万円稼ぐまでの3ステップを公開