個人がネットでお小遣い・副収入・本業を稼げるまでの方法を紹介

トップページ > サイト売買(M&A)で稼ぐ

自分メディアの売却と買収で「経営資源の集中」を行い拡大期へ!

スポンサーリンク

 

ステップ3に進んだあなたはこれまでいくつかのホームページを立ち上げ、運営を行って来たことでしょう。その中において成功したものもあれば失敗したものもあると思います。

 

さらなる拡大を目指すために、経営資源(お金・時間・労力など)を強みのある分野に集中させる必要があります。そのための手段として有効なのがサイトのM&Aなのです。

 

例えば、あなたがアフィリエイトサイトとネットショップをそれぞれ複数立ち上げ、アフィリエイトの方が稼げると判断したならば、

 

@他者が運営している既存のアフィリエイトサイトを買収する

 

A自分のネットショップを売却する

 

という行動を起こすことをおすすめします。

 

大胆な行為かと思われるかもしれませんが、5年後・10年後を見据えた時、このタイミングで舵を切ったことが収益の成長に大きく寄与することになります。

 

売却については単にサイトを閉鎖するよりよほど稼げるので最後まで収益を立たせることを心がけていきましょう。

 

そのために活用したいのが、サイトM&Aの仲介サイトになります。

自分のサイトを売却する方法 価格の相場

売却を検討しているサイトの査定に関しては、GMOインターネット株式会社が運営しているサイトM&Aというサービスが、依頼から24時間以内に無料で売却相場を教えてくれるので便利です。

 

このサイトはサイト売買で国内最大手なのでサイト購入の際にも利用出来ます。

 

サイト売却価格の相場について

サイト売却額を決定する際の要素となるのが、そのサイトの月の利益です。

 

そして、実際の売却額の目安となるのが、月の利益の10〜12か月分。この額が売却価格として落ち着くケースが多いです。

 

また、これとは別に仲介業者に仲介料として基本料0〜10万+仲介手数料が0〜10%を支払います。

 

もちろんそれ以上の価格で売れることもあるので、あとは細部の交渉次第ということになります。利益以外の要素としては月間アクセス数や顧客データ、売上が検討要素となります。

サイト売却の事例

情報商材系のASPインフォトップにて、いつもアフィリエイト売上上位に入っている山本一郎さんが、ご自身のブログアフィリエイト戦略思考にてサイト売却をされた経験を語られています。

 

サラリーマンを続けながら情報商材系のアフィリエイトを開始し、その5ヶ月後には単月報酬100万円超を達成するという、異例のハイペースで成長をとげた山本さん。

 

1年半ほど取り組んだ後、情報商材系アフィリエイトの熱意が冷め、売上全体の6割を占めていた主力サイトを売却することに。

 

そこで驚くほどの提示額をもらい、売却を果たしたそうです。

 

文面から推測するに1,000万円以上は優に利益を得たことでしょう。

 

ほとんどコストがかからない状態から1年半で1,000万円以上+毎月150万円以上の報酬を得るというネットビジネスはやはり夢があると感じてしまいます。

他人のサイトを購入する

例えば、経営資源をアフィリエイトに集中させたい時は、既に利益を生み出している他人のサイトを買い取ることで時間の短縮につながります。

 

自分のサイトと相互誘導させたりすることで加速度的に事業を進めることが出来るのです。

 

どのような案件が売りに出されているのか?

買い取るサイトを見つける際もサイトM&Aを利用します。売買実績において国内最大級を誇るのでここで探せば大丈夫でしょう。

 

売りに出されているサイトは常時、一覧で表示されます。興味のあるサイトがあれ次のステージとしてサイト運営者と交渉することになります。

 

■売却希望のサイト一覧。多種多様なサイトが売りに出されています

サイト売買メリット・デメリットと向いている人

メリット

・経営資源を集中することにより費用対効果が高まる
・いきなり利益の出せるメディアを持て、時間の短縮につながる

デメリット

・サイトを買取後、アクセスが伸び悩むケースも(サイト選びと交渉を徹底的に行うこと)

 

こんな人に向いています!
・メディア運用によるネットビジネスを本気で取組みたい
・経営資源を集中させ事業を一気に拡大したい
・資金があり、ビジネス面で次の種まきを有効に行いたい

 

スポンサーリンク

 

■この稼ぎ方に興味のある人はこんな稼ぎ方もオススメ!
アフィリエイトで稼ぐ
フランチャイズビジネスで稼ぐ
投資で稼ぐ

元手0から月収300万円稼ぐまでの3ステップを公開