個人がネットでお小遣い・副収入・本業を稼げるまでの方法を紹介

トップページ > キャラクタービジネスで稼ぐ

ネットを駆使して個人でもキャラクタービジネスで儲ける方法

 

 

 

一昔前までは、ディズニーやサンリオなど企業がキャラクタービジネスを手掛けていましたが、今やインターネットを使うことで個人でも稼げる時代になりました。

 

その代表例ともいえるのが、船橋市の非公認ゆるキャラ、「ふなっしー」でしょう。

 

今では知らない人はいないともいえるほどの人気キャラクターですが、元々は船橋市在住の個人がツイッターでつぶやくことからスタートしました。原画もパワーポイントを使い、わずか30分で作られたそうです。

 

それが評判を呼びネット上で拡散。着ぐるみを発注し、立体化することに。あれよあれよという間に人気が急上昇したのです。

 

CM出演やキャラクターグッズの販売などで、作成者の年収は7億円ともいわれていますからすごいですよね。

 

このように、私達はインターネットを使うことで、キャラクタービジネスを原価0円で始めることが出来るのです。

 

このページでは、主に個人がキャラクタービジネスに参入して、稼ぐための方法とコツをお伝えしていきます。

 

 

スポンサーリンク

キャラクタービジネスとは?特徴とメリット・リスク

キャラクタービジネスとは創作したオリジナルキャラクターを使い、利益をあげていくビジネスです。

 

主な収入源として、キャラクターグッズの販売、またはライセンス契約による使用料などがあります。

 

ちなみに株式会社サンリオの2017年3月期決算説明資料によると、国内の事業別売上内訳は次の通りとなっています。

 

  ライセンス 物販 テーマパーク その他
売上高(百万円) 7,381 15,082 6,205 7,254

 

この中で、個人がキャラクタービジネスで利益を出すとしたら、物販が現実的ですね。

 

キャラクタービジネスの特徴とメリット

キャラクタービジネスを行うにあたり、特徴となるメリットを挙げています。

 

当サイトでインターネットビジネスのスキルを向上させた人にとっては、実にやりがいがある分野になるでしょう。

 

原価をほとんどかけずに開始出来る

キャラクターさえ誕生させれば、後はツイッターやfacebookなどのSNSを使ってお金をかけずに宣伝活動をすることが出来ます。

 

創作したキャラクターが利用者の心に響けば、どんどん拡散してくれます。

 

キャラクタービジネスとSNSは非常に相性が良いといえるでしょう。

 

国や言葉の壁を乗り換え、幅広い層にリーチ出来る

スーパーマリオやドラえもん、ドラゴンボールの孫悟空など日本には世界中で愛されているキャラクターが多数います。

 

キャラクターの良い点は、国や言葉の壁を乗り越えて世界中に受け入れられる素地があるというところでしょう。

 

最初から世界進出を見越して市場に参入することも可能なわけです。

 

キャラクターは歳を取らないし、スキャンダルもない

リスクマネジメントが極めて楽なのもキャラクタービジネスの大きな利点です。

 

危害を加えるわけでもないですし、芸能人のようにスキャンダルを起こすわけでもありません。

 

私達はキャラクターの魅力作りと売り出し方に力を集中させるのみなのです。

 

ヒットすれば収入は青天井

キャラクタービジネスには、教科書的なビジネスモデルはありません。

 

魅力と人気さえ出れば、その後の展開は自由です。

 

ラインスタンプやユーチューブ動画の公開、スマホゲームとのコラボなどやり方は無数。アイディア次第といったところでしょう(具体的な収益の立て方は追ってご説明します)。

 

「ふなっしー」のように億単位で稼いでしまうことも夢ではないのです。

 

キャラクタービジネスのデメリットとリスク

このように、「原価をかけずにその収入は無限大」という旨味があるキャラクタービジネスですが、一方でデメリットやリスクも認識しておく必要があります。

 

キャラクター市場は既に飽和状態?

昨今の「ゆるキャラブーム」の際は、たくさんのゆるキャラが誕生しました。

 

例えば2016年のゆるキャラグランプリでは、実に1,421体ものエントリー数となっています。
しかしながらイベント業界関係者によると、「ゆるキャラの99%は食べていけない状態になっている」のだそうです。

 

1%の爆発的に人気があるキャラクターと、99%の売れていないキャラクターの2極化が進んでいるのが現状です。

 

人気が出ないと収入は0

どのようなビジネスもそうですが、創作したキャラクターが世間に受け入れられなければ売上はゼロ。

 

原価がかからないので借金が残るわけではないのですが、時間と労力が無駄になってしまいます。

 

さすがに最初からこれ1本でというのは厳しいので、副業、もしくはサイドビジネスといった立ち位置から始めてみると良いでしょう。

 

 

このようにキャラクタービジネスは0か100かの人気商売。

 

魅力のあるキャラクター作りと、それを世間に広めるプロモーション手法が成功の鍵を握ることになります。

キャラクタービジネスの市場規模を知る

 

市場調査販売を行っている矢野経済研究所では、毎年キャラクタービジネス市場に関する調査を実施しています。

 

2016年7月に発表された調査によると、2015年度のキャラクタービジネス市場規模は2兆4,456億円であり、3 年連続で増加しています。

 

また、グラフを見ると内訳としては商品化権と版権の割合がほぼ半々となっていますね。

 

キャラクタービジネス市場規模推移

 

約2.5超円規模の市場となると、教育業界やブライダルの市場と同規模になります。

キャラクタービジネスの具体的な成功事例

 

今を時めく、人気キャラクターはどのような経緯でブレイクを果たしていったのでしょうか?ブレイクまで時系列で追ってみました。

 

ふなっしー【公式HP】

千葉県船橋市在住の「梨の妖精」という設定のマスコットキャラクター。船橋市非公認ながら、地域おこし活動の他、タレント、歌手、声優としても大活躍。

 

推定年収は7億円とされています。

 

2011年11月 ある船橋市民がイラストでふなっしーを生み出し、twitterに投稿
2012年3月 フォローワーの要請を受け着ぐるみを作り立体化
2012年4月 Youtubeで動画投稿を開始
2012年6月 ご当地キャラ協会に入会。初のイベント出演
2013年2月 アサヒ「十六茶」の新CMに出演。

日本テレビ「スッキリ!!」にも出演し急激に人気が高まる

2013年11月 「ユーキャン流行語大賞」の候補の1つに、「ふなっしー」が選出

シングル「ふな ふな ふなっしー♪」がCDデビュー

 

元々はある船橋市民の「震災で被害を受けた船橋を元気にしたい」という想いから生まれました。元々は平面イラストだったとは驚きですね。

 

twitter投稿が反響を呼び、瞬く間に国民的人気を誇るキャラクターに。

 

おさわり探偵なめこ【公式HP】

元々は、ゲームソフトのキャラクターの一つでした。このゲームのプロモーション用無料アプリを提供したことがきっかけで人気に火が付くことに。

 

東京駅にグッズ専門店「なめこ市場 東京本店」がオープンする他、漫画やアニメなどのメディアミックスも行っています。

 

2006年4月 ニンテンドーDS用ゲーム『おさわり探偵 小沢里奈』のキャラの一つとして登場
2011年11月 上記ゲームのプロモーション用無料アプリ『おさわり探偵 なめこ栽培キット』をリリース。大ヒットに
2012年2月 アニメ『なめこのPV』を公開
2012年7月 『なめこのCD』発売
2013年2月 シングルCD『なめこのうた』発売
2013年7月 台湾の列車でスタンプラリー開催
2013年12月 紅白歌合戦に応援団として出演
2014年7月 なめこグッズ専門ショップ「なめこ市場 東京本店」開店

 

有料ゲームのプロモーションとしてリリースした無料アプリが予想外の人気に。

 

元々は有料ゲームの脇役だったがここまでのブレイクは想定していなかったよう。

 

めんトリ【公式HP】

ラインスタンプとして発売した「面倒だがトリあえず返信」がヒットして、ランキング1位を達成。

 

台湾でも人気に火が付き、グッズ販売やライセンス契約などを行っています。

 

2014年10月 ラインスタンプ配信開始。ランキング1位になる
2014年11月 ラインきせかえアプリ配信
2015年5月 マスコットぬいぐるみ完成

公式ツイッター開始

2015年7月 「めんトリクッキー」配布開始
2015年9月 台湾版ラインスタンプ開始

 

ラインスタンプから人気に火が付き、キャラクターグッズなどの販売につながるという流れは定番になりつつあります。

 

この流れを受け、ライン社は「LINE クリエイターズマネジメント」を開始。スタンプ作品の商品化など、ライツマネジメントの支援を行っています。

 

 

このように事例を見ていくと、ブレイクのきっかけはインターネットであることがわかります。

 

インターネットのツールを巧みに使うことで、世間の幅広い支持を短期間で得ることが出来るのです。

 

スポンサーリンク

キャラクタービジネスを展開している企業事例

ディズニーやサンリオ、バンダイほどの規模ではありませんが、キャラクター事業を展開している企業は他にも存在します。

 

その事例の一つが、株式会社クオン

 

キャラクター開発事業を行っており、スタンプやイラストという形で500以上のキャラクターを提供。

 

グローバル展開も果たしており、アメリカや中国などのSNSのスタンプにも供給。数億人のユーザーに利用されています。

 

その他、キャラクターを核に次のようなビジネスを展開。

 

・グッズや映像での二次的な展開
・他社の有名キャラクターとのコラボレーション
・グローバル企業のキャラクター開発

 

キャラクター育成がうまく行けば、法人化出来るほどの市場があるということの証明ですね。

キャラクタービジネスの始め方と展開方法

 

キャラクタービジネスで稼ぐためには、魅力的なキャラクター設計と、ファンを増やすためのプロモーション活動が大事になります。

 

収益を生み出すための基礎作りの方法について、順を追ってお伝えいたします。

 

キャラクターの立ち上げ

何はともあれキャラクター作りです。人気と評判が勝手に独り歩きしてくれるような、魅力を持ったキャラクターを生み出しましょう。

 

視覚的には、「丸みのあるキャラクター」は親しまれやすいといわれています。

 

アンパンマンやドラえもん、スーパーマリオなどほとんどの人気キャラクターは丸いですよね。子供にとっても親しみやすく、大人からも子供からも支持される要素が必要です。

 

また、外見と同じくらい重要なのが、性格や生い立ちなどのバックグラウンド設定です。

 

単なる「可愛い」だけのキャラクターは、この世の中に既に無数に存在しており、瞬く間に埋もれてしまうことでしょう。

 

いかに個性を出すが重要です。

 

例えば、ふなっしーを事例に挙げれば下記のように、語れるエピソードに事欠きませんよね。最初は、「ゆるキャラらしくない俊敏な動きが不気味」という点が話題となり、ハマる人が続出したわけです。

 

・兄弟は全部で274体あり、ふなっしーは4男である
・ふなっしーの青い部分は、服ではなく「タトゥー」
・ふなっしーの目が灰色なのは、汚れた人間界を見てきたから
・ふなっしーのおなかの赤い部分はリボンではなく、「返り血」
・趣味はハードロック・ヘヴィメタル

 

このように、特にSNSで話題になりやすいトピックを盛り込むことがポイントです。

 

絵心がない人やアイディアが思い浮かばない人は他人の力を借りよう

魅力的なキャラクター作りのために、次のサービスを利用してプロの人や得意な人の力を借りるのも良いでしょう。

 

ランサーズ
イラスト作成やアイディア出しといったお仕事を依頼することが出来るサービス。プロのイラストレーターやビジネススキルの高い人のスキルを借りることが出来ます。

 

ココナラ
自分のスキルや知識を販売出来るサービス。「イラストを描きます」「スタンプをお作りします」「アイディア出します」などの商品を活用します。

 

自分が苦手なスキルを外注することで、よりクオリティの高いキャラクターが生まれればいうことなしですね。

 

ネットを使いファンを増やす

キャラクターを作ったら、次は営業活動です。

 

あらゆるインターネットツールを使って売り込んでいきましょう。まさに総力戦ですね。

 

・公式ホームページの立ち上げ
・ブログを立ち上げ
・ツイッターアカウントの開設
・Facebookページの開設
・Youtubeに動画投稿
・NAVERまとめでまとめ時期を作成
・ヤフー知恵袋の回答欄を利用

 

ファンが十分に増えたところでマネタイズ(収益化)に移行します。

キャラクタービジネスで収入を得る方法まとめ

マネタイズ(収益化)出来る方法は、アイディア次第でたくさんあります。

 

但し、一方でキャラクターのブランディング管理も大切です。ブランド管理をすることで、キャラクターの人気を長きにわたり維持させることが出来るのです。

 

むやみやたらに手を出すのではなく、戦略的に展開していきましょう。

 

ここでは、マネタイズ出来る手段を複数挙げています。

 

●ラインスタンプの作成・販売(ラインスタンプで稼ぐ

 

オリジナルプリントでキャラクターグッズを作成・販売(ネットショップで稼ぐ

 

●キャラクター公式本を作り、電子書籍で販売(電子書籍で稼ぐ

 

●ユーチューブに動画を投稿し、広告収入を得る(ユーチューブで稼ぐ

 

●スマホの無料ゲームアプリを作り、提供。広告収入を得る(スマホアプリ開発で稼ぐ

 

さらに人気が出てくれば、今度は無効から仕事のオファーが入るようになります。有名ゲームとのコラボや個展、アニメ化の話など。ここまで来たら大成功でしょうね。

 

あらゆるスキル、ノウハウを総動員させ、キャラクタービジネスを成功させていきましょう。

【最後に】キャラクタービジネスはネットビジネスの総仕上げ

当サイトではネットビジネスを通して月収300万円稼ぐことを目標にしています。

 

そして、その方法は次の3つのレベルに分かれます。

 

【レベル1】元手0から確実にお金を貯める
【レベル2】元手0〜小資金で労力をかけて大きく稼ぐ
【レベル3】稼いだお金で資産を増やす・ネットビジネスのスキルで新しい市場を作る

 

「キャラクタービジネスで稼ぐ」手法はレベル3に該当し、レベル2で培ったネットビジネスのスキルを総動員させる必要があるのです。つまりは総力戦というわけですね。

 

特にプロモーション手法において相当なテクニックが必要になります。

 

キャラクタービジネスで成功するために、まずはレベル2の稼ぎ方を通して、ネットビジネスの基礎力を高めておくことをおすすめいたします。

 

■この稼ぎ方に興味のある人はこんな稼ぎ方もオススメ!
セルフブランディングで稼ぐ
独自サービス開発で稼ぐ
サイト売買(M&A)で稼ぐ

 

スポンサーリンク

 

 

元手0から月収300万円稼ぐまでの3ステップを公開