個人がネットでお小遣い・副収入・本業を稼げるまでの方法を紹介

トップページ投資で稼ぐ> 商品先物取引で稼ぐ

商品先物取引は利益も大きいがリスクも大きい。慎重に取引を

スポンサーリンク

 

金やガソリン、小豆や穀物などさまざまな市況商品に投資するのが商品先物取引です。

 

それぞれの商品は需要や供給、天候、為替、地政学的リスク、投機など様々な要因が影響しあい値段が変動していきます。

 

例えば、大豆が干ばつで枯れてしまったら、需要は供給を上回り、大豆の価格は急上昇します。

 

FXと同様レバレッジを効かせて取引をすることが出来ますが、レバレッジは商品ごとに異なり10〜30倍程度。レバレッジは固定されており、選ぶことが出来ないのも特徴的です。

 

また、値動きはかなり激しいです。FXで1日の損失が1万円とすると商品先物取引の場合は100万円程度に値します。そのため、当たれば利益が大きいが同時に損失も大きく、資金以上の損失を出すと「追証(おいしょう)」といい損失分の金額を請求されます。

 

このリスクの高さが「商品先物は危険」というイメージを表しています。「損切り」は特に重要です。

 

また、商品先物取引には「限月(げんげつ)」という決済期限があり、期限に達すると取引が強制終了するので長期保有は出来ず、1回の取引期間は最長でも1年程度になります。

商品先物取引とは?

商品先物取引を理解する上での特徴を挙げていきます。

 

代表的な「ハイリスク・ハイリターン」投資商品

レバレッジは10〜30倍程度で取引が出来る上、値動きの激しさから利益が取れる時は大きく取れます。但し、損失の場合も同様である上、投資資金以上の損失が出た場合、「追証」といって追加の証拠金が請求されるので注意が必要です。

 

様々な商品が取引対象

現在、国内には4つの商品先物取引所があり、様々な商品を対象に取引することが出来ます。取引する場合、代金の一部(委託証拠金)を出すだけで、証拠金の何倍もの金額で取引が出来ます。

 

■主な取扱商品例

東京穀物商品取引所 小豆 一般大豆 NON-GMO大豆 とうもろこし アラビカコーヒー生豆 ロブスターコーヒー生豆 粗糖
東京工業品取引所 金 銀 白金 パラジウム アルミニウム シートゴム ガソリン 灯油 原油 日経・東工取商品指数
中部大阪商品取引所 ガソリン 灯油 経由 鶏卵 シートゴム ゴム アルミニウム 天然ゴム指数 金
関西商品取引所 小豆 米国産大豆 とうもろこし 冷凍えび 粗糖 コーン75指数 コーヒー指数

 

「買い」「売り」どちらからも市場に入れる

下落相場においても「売り建て」をすることで利益を得ることが出来ます。

 

「限月制度」で取引は限定される

FXや株式取引と異なる特徴として、取引期限が決められています。「限月」という決済期限を取引開始時に設け、期限を迎えると強制的に取引が終了するので注意が必要です。

 

夜間取引が可能

東京商品取引所での取引時間は日中は9:00〜15:15、夜間は16:30〜4:00(※ゴムは19:00まで)であり、サラリーマンの方でも夜の時間帯に取引出来ます。

商品先物取引はどこで取引が出来るの?

フジフューチャーズ Venus(ヴィーナス)

商品先物オンライントレード「Venus」口座開設申込プロモーション 1998年に商品先物のオンライントレードを開始した老舗サービスで国内トップクラスの口座数を誇ります。金やガソリン、大豆、コーンなど13種類の銘柄を取り扱っています。商品先物取引は営業のイメージが強いが営業行為は一切せずに、手数料も安くユーザー目線にたったサービスを行っていることに定評があります。

また、スマートフォンにも対応しているのでPCがない環境でも気軽にトレードが出来るのも魅力です。

岡藤商事 Expert(エキスパート)

岡藤商事株式会社 ジャスダック上場企業岡藤ホールディングスが運営しているインターネット商品先物取引。「負けない投資家のために」というコンセプトでプロトレーダーによる実践セミナーや投資情報サイト、トップディーラー による質の高いレポートなどを会員向けに提供しています。

また、顧客向けのサポートにも定評があり、電話・メール対応の他、夜間障害確認専用窓口も設けられているので、急なトラブル時に連絡が取れないということがなく、安心して利用出来ます。

商品先物取引のメリット・デメリットと向いている人

メリット

・レバレッジがあるため少ない元手で大きな金額の取引が出来る
・「売り」からも取引が出来るので下げ相場でも利益が見込める
・対象商品が幅広く選択しが多い

デメリット

・リターンが大きい反面リスクも大きく、証拠金以上の請求を求められることも
・取引期限が決められており、損失が出ていても期限を迎えると強制的に取引終了となる
・レバレッジが固定されており、選択出来ない

 

こんな人に向いています!
・相場に慣れ、損切りがしっかり出来る熟練のトレーダー

商品先物取引で稼ぐポイント

かなりのスキルを求められる熟練者向けの投資商品

 

商品先物取引の歴史は古く、1531年にはベルギーで取引所が開設され、現物取引がされていました。以来、過去多くのトレーダーが巨額の富を得、また甚大な損失をかぶってきたわけです。

 

商品先物取引の特徴は激しい値動きにあり、1日に100万円の損益が出ることも珍しくありません。そのため、「利大損小」に徹する必要があり、並のトレーダーでは太刀打ちできないことを認識しましょう。

 

それでも商品先物取引をする場合は資金管理を徹底して、1回の損失額の割合を制限する「損切り」を徹底すること。そして、「利益を最大限伸ばす」ことです。簡単なようで大変難しく、相当な修行を要することを覚悟しましょう。

 

スポンサーリンク

 

■この稼ぎ方に興味のある人はこんな稼ぎ方もオススメ!
フランチャイズビジネスで稼ぐ
ブックメーカーで稼ぐ
サイト売買(M&A)で稼ぐ

「お金持ち脳」を作るおすすめの無料講座開講中!

私が月300万円を稼げる大きなきっかけとなったのは、ファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座」でした。

講座では、お金の「10の教養」「10の仕組み」についてレクチャーしてくれます。お金の考え方が180度変わった日で、収入額に関係なくお金が貯まる脳構造になるでしょう。

講座は東京・大阪・京都・愛知で無料で定期的に開催。毎年千人ほどが受講しています。詳細はコチラ

月収300万円までのステップと稼ぎ方を公開中