個人がネットでお小遣い・副収入・本業を稼げるまでの方法を紹介

トップページ > ブックメーカーで稼ぐ

ブックメーカーとは?

スポンサーリンク

 

ブックメーカーとはスポーツの結果にお金を賭ける欧米のギャンブルです。日本ではスポーツ賭博は違法ですが、欧米では合法な国も多く、ブックメーカーのサイトはその合法な国が運営しています。

 

ここで問題になるのが海外のブックメーカーを日本国内で参加するのは果たして合法なのか?ということ。

 

そして、調査をしたところ現段階ではオンラインカジノに関する法律はまだなく合法・違法どちらでもないということのようです。もちろん、胴元としてサイト運営するのは違法だと思いますが、現状、国内でもブックメーカーユーザーが多いことを考慮しても現段階では特に制約はないといえます。

 

あらゆるスポーツが賭けの対象になり、それこそ日本のプロ野球も扱われています。そして、勝敗だけでなく点数なども賭けの対象になることがあります。特に、ギャンブル好きのイギリスではブックメーカーは当たり前に使われるツールになっているようです。

 

外れれば賭け金は没収されますが、当たれば利益が乗っかり払い戻しされます。

 

もちろん何も考えずにやっているだけでは稼ぐことが出来ません。しかし、戦略を持って取り組むことで利益を継続的に得る可能性が出てきます。

ブックメーカーで堅実に稼ぐ方法

もちろんブックメーカーはギャンブルであるため損失が出る可能性があります。
しかし、資金コントロールや賭けに一定のルールを設けて行うことで利益を継続的に出せる方法が存在します。

 

勝敗予想がつきやすい試合のみに賭ける

かって2ちゃんねるで「ブックメーカー歴3年で月平均80万円を稼いでいる人」のスレッドが立てられたことがありました。その人の手法は下記の通りです。

 

【資産の5〜20%をそれぞれ1.2〜2.0倍のオッズに分散して賭けていく】
例えばテニスの場合、初戦あたりのトップシード選手と下位選手の試合に賭けます。テニスはあまり番狂わせはなく、オッズは低いもののコツコツと堅実に利益を生み出していくというやり方です。

 

このようにあまり番狂わせがおこりそうもない種目、そしてレベルの差が大きい対戦相手の試合があります。そのような試合はオッズは低いのですがかなりの確率で勝利出来るのです。資金をうまく分散させて可能性の高い試合ばかりに賭けていくというやり方です。

 

アービトラージ手法で稼ぐ

これはブックメーカーのサイト毎のオッズの違いを利用し、勝っても負けても利益を出すという手法である程度のテクニックが必要になります。

 

ブックメーカーAとブックメーカーBで賭け金が異なっており、賭け金の分配を変更することでどっちが勝っても利益を手にするといういわば「市場のゆがみ」を利用した方法です。

 

これは練習が必要であり、小さい利益をコツコツ稼いでいきます。興味がある方はスリーミニッツキャッシュなどで具体的な方法を紹介しているのでチェックしてみてください。

 

■アービトラージ手法の仕組み
例えば、2つのブックメーカーのオッズが下記だった場合…

 

A
赤チーム 1.72倍
青チーム 2.00倍

 

B
赤チーム 1.54倍
青チーム 2.55倍

 

投資額10万円を
Aの赤チームに6万円
Bの青チームに4万円
賭ける

 

【結果】
赤チームが勝った場合…
6万円×1.72倍=103,200円
103,200円-100,000円=3,200円の利益

 

青チームが勝った場合…
4万円×2.55倍=10,2000円
10,2000円-100,000円=2,000円の利益

 

どちらが勝っても利益が出る

ブックメーカーが出来るおすすめのサイトを紹介

ウィリアムヒル・スポーツ

 

2002年にロンドン株式市場に上場し、100万人以上の利用者を抱かえる世界トップクラスのブックメーカー。1934年に創業した老舗中の老舗です。

 

日本語表記で対応しており、サポートも日本語で利用できるので安心です。

 

アービトラージを行う場合はテニスやバスケットで発生しやすいです。
※参加は18歳以上となっています。

 

▼ウィリアムヒル・スポーツはこちらから登録できます▼

 

 

■この稼ぎ方に興味のある人はこんな稼ぎ方もオススメ!
投資で稼ぐ
サイト売買(M&A)で稼ぐ
フランチャイズビジネスで稼ぐ

 

スポンサーリンク

元手0から月収300万円稼ぐまでの3ステップを公開