個人がネットでお小遣い・副収入・本業を稼げるまでの方法を紹介

トップページネットで稼げるようになるコラム集> 語学を活かして在宅で稼ぐ8つの方法

語学のスキルを使って、家にいながら稼いでみよう

 

 

スポンサーリンク

 

 

もしあなたに十分な語学力があるのなら、その能力を活かして収入を増やしてみたいと思いませんか?

 

インターネットの発達により、ますますグローバル化が進む中で、語学が堪能というのは強力な武器になります。

 

本業とまではいかなくても、副業やお小遣い稼ぎとして十分に収入を生み出すことが出来るのです。

 

このページでは、最新のサービスや手法を使い、外国語を駆使して稼いでいく方法を8つご紹介いたします。

 

参考にして頂ければ幸いです。

レベル1(初級) 既存の無料サービスに登録して稼ぐ

「ココナラ」で語学に関する商品を出品する

 

「ココナラ」とは、自分のスキルや知識、経験を出品にしてオンライン販売出来るサービス。

 

公序良俗に反しなければどんな事でも商品化してOK。そのユニークさから近年注目を集めています。

 

例えば、「一発ギャグ売ります(500円)」「レンタルフレンド、レンタル彼女になります寂しい時、あなたの友達や彼女になり話し相手になります(3,000円)」なんてのもありますよ。

 

このように様々な種類の商品がありますが、その中でも「語学・翻訳」は人気ジャンルの一つ。

 

そして、実際に様々な内容の商品が販売されています。

 

実際に「ココナラ」で出品されている商品事例

・英語勉強に失敗した人のための英語勉強法を教えます(5,000円)
・英語で書かれた日記を添削します!(3,000円)
・中国語→日本語 日本語→中国語に通訳します(3,000円)
・語学・旅行・グルメに関して相談乗ります!(3,000円)
・韓国語で大好きなアイドル、俳優にファンレターを!(500円)

 

他にも、語学留学の相談やTOEICなどの語学試験アドバイスといった内容も。

 

アイディア次第でいろいろな商品が生み出せます。

 

出品料は無料なので、いろいろな商品を開発し、ヒット商品が出たら、その商品に注力するのが良いでしょう。

 

また、マイナーな言語になると競合が減り、価格競争にあまり巻き込まれないというメリットもあります。

 

▼「ココナラ」への出品はこちらから出来ます

 

タイムチケットで語学に関する商品を出品する

 

「タイムチケット」とは、自分の時間を30分単位で販売出来るサービス。

 

出品者は、購入者に対して、「購入した時間内に何を提供出来るのか」を明記して出品します。

 

語学に関する商品もそれなりにあり、例えば次のような出品事例があります。

 

実際に「タイムチケット」で出品されている商品事例

・イギリス英語で英会話!ビジバシ間違い等指摘します!(30分 1,500円)
・英語で困ってるあなた!なんでも相談にのります!(60分 2,000円)
・フランス語で会話してみませんか?(30分 1,500円)
・中国語を楽しく勉強しましょう♪♪(60分 3,000円)
・韓国語でお話しませんか?(60分 3,000円)

 

購入者とは実際にお会いする他、スカイプやメッセンジャーなどを使い、やりとりを行います。

 

直接お相手とお会いすることが出来るという点がユニークですね。

 

ココナラと同様、無料で出品出来ます。

 

▼「タイムチケット」への出品はこちらから出来ます

 

「ランサーズ」で語学の仕事を受ける

 

近年は、クラウドソーシングというサービスが人気です。

 

クラウドソーシングとは、仕事をお願いしたい人と仕事を受けたい人をインターネットを介してオンライン上でマッチングさせるサービス。

 

会社に属さなくても仕事が出来るため、専業主婦やSOHOの方々も利用しています。

 

ランサーズは、クラウドソーシングの最大手サービス。翻訳・通訳をはじめとした語学関連の仕事依頼が充実しており、無料で登録が出来ます。

 

「翻訳・通訳サービス」というカテゴリには、英語・中国語・韓国語・フランス語・ドイツ語など様々な言語に関する仕事の依頼が掲載されています。

 

仕事依頼の事例

 

報酬は内容にもよりますが5,000円〜50,000円がボリュームゾーンであり、「ココナラ」に比べて高め。

 

但し、企業が「プロジェクト」という形で依頼し、依頼する人を選定するケースもあります。その場合、より高い語学スキルが求められるというわけですね。

 

▼ランサーズはここから登録出来ます

クラウドソーシング「ランサーズ」

レベル2(中級) 依頼や報酬単価を増やすために本格的に取組む

「アメリア」の強力な翻訳者ネットワークを活用する

 

将来的に翻訳の仕事を本業にしたい方は、「アメリア」に登録することをおすすめします。

 

アメリアは1985年に誕生した老舗の翻訳者ネットワーク。

 

入会費と年会費がかかりますが、登録することで次のサービスを受けることが出来ます。

 

・約250件の翻訳関連求人に応募出来る
・独自のスキルアップ制度で、未経験者でも仕事のチャンスが拡大する
・情報誌・メルマガ・WEBで翻訳に関する旬な情報をキャッチ出来る
・仕事のためのカウンセリングをいつでも受けられる
・翻訳に結びついた仲間と気軽に交流出来る
・翻訳支援ツールなど会員限定の特典がもらえる

 

何といっても同じ志を持った翻訳者志望の人や、既にプロの翻訳者と知り合うことが出来るという点は大きいです。

 

やはり人と会うことで様々な刺激を受けたり、仕事に役立つ情報が入るケースがありますからね。

 

定期的にキャンペーンを実施しており、入会費が無料になる場合もあるので、公式サイトをチェックしておくと良いでしょう。

 

▼「アメリア」への登録はこちらから出来ます

 

翻訳・通訳代行サービスを開業する

 

自分がオーナーとなり、「翻訳・通訳代行サービス」のホームページを立ち上げてしまうのも手です。

 

ホームページはシリウスなどの本格的なホームページ作成ソフトを使うのも良いですし、最初はBASEなどの無料ホームページ作成ツールを利用する方法もあります。

 

この場合は、仲介手数料を取られないので、代行料金がまるまる利益になります。

 

ただし、「翻訳・通訳代行」とグーグルやヤフーで検索をするとおわかり頂けると思いますが、競合も多い。どのように差別化するかが大切になっていきます。

 

「ビジネス英語」に特化したり、「女性ならではの細やかな翻訳」など売りとなる部分を打ち出していく必要があります。

 

また、集客を行うことも大事な仕事の一つ。

 

SEO対策を身に着けたり、ツイッター、フェイスブックなどのSNSを使い、積極的に情報を発信します。

 

個人で代行業を行うのであれば、リピート客の取り込みが大切。繰り返し使ってもらえるよう、満足してもらえるレベルのサービスを維持しなければいけません。

 

大変ではありますが、その分自分の裁量次第では大きな収入につながる可能性もあります。

 

レベル3(上級) 語学力を活かしてネットビジネスに取り組む

外国語仕様のラインスタンプを作成し販売する

 

もはや日常に欠かせないツールとなっているライン

 

2014年より、クリエイターズスタンプとして個人がスタンプを作成して販売出来るようになりました。トップクリエイターの中には1億円以上を既に稼いでいる人もいます。

 

実は、ライン利用者の8割以上は海外の利用者。

 

日本以外で利用者数上位の国はインドネシア、タイ、スペイン、インド、台湾などが挙げられます。

 

そんな外国人向けのスタンプを作成して販売するという方法です。

 

現在作成されているクリエイターズスタンプは、ほとんどが日本人向けとなっており、より市場の大きい外国人向けスタンプはまたチャンスがあります。

 

実際、私も同じ内容のスタンプで日本語版と英語版の2種類を作りましたが、英語版の方がよく売れました。

 

語学力を別の方面で使用してみたい方にピッタリの方法です。

 

ラインスタンプ作成は絵心がなくても売れている人が少なくなく、アイディア勝負。

 

それでも「絵がどうしても描けない」という人は、先述した「ココナラ」を使って、イラストレーターに依頼をしても良いでしょう。

 

■参考ページ
ラインスタンプで稼ぐ

 

ユーチューブで語学レッスンの動画を公開する

ヒカキンさんなどが有名なユーチューバ―というお仕事。

 

作成した動画に掲載される広告をクリックされると、作成者に報酬が支払われるという仕組みです。

 

国内トップクラスのユーチューバ―、ヒカキンさんの推定年収は何と1億1千万円強だとか!

 

この仕組みを利用して、語学レッスンの動画を作り、公開していくという手法です。

 

報酬相場としては、再生回数1,000回で100円程度の収入(動画再生回数×0.1円)が目安になっています。

 

語学系のコンテンツ動画は、「バイリンガール英会話 Chikas English Lessons」が有名。

 

ユニークで飽きさせない内容を作ることで、リピーターの獲得につなげます。

 

バイリンガール英会話 Chikas English Lessons

 

■参考ページ
ユーチューブで稼ぐ

 

2国間の価格差を利用して転売する

 

いわゆる「せどり」といわれる方法。日本と外国で値段が異なる点を利用して差益を稼いでいくやり方です。大まかに方法は2つあります。

 

手法A

海外のサイトで商品を安く仕入れ、国内のオークションサイトやネットショップで高く販売する

 

手法B

国内で商品を仕入れ、海外のネットショップやオークションサイトで利益を乗せて販売する

 

いずれも語学力があればスムーズに作業を進めることが出来ます。円安になればB、円高になればAの方が稼ぎやすくなりますね。

 

この方法で重要なポイントは、利益幅が大きい売れ筋商品をいち早く見つけること

 

この方法で稼いでいる人々の多くは、「オークションプロプラス」というサービスを利用しているので、こちらを使うと良いでしょう。

 

うまく回り出したら商品発送などを外注化して、事業を拡大させていきます。

 

▼「オークションプロプラス」はこちらから登録出来ます

まとめ

レベル3で挙げた方法の他にも、語学力を活かしてネットビジネスをやるやり方はアイディア次第でいくらでも出てきます。

 

日本文化に関する電子書籍を他の言語で書いてアマゾンで販売したり、外国人向けの日本国内買い物代行サービスを立ち上げたりといった具合です。

 

あとは、そのニーズがどれくらいあるかが重要ですが、ネットビジネスは原価があまりかからないのでどんどんチャレンジ出来るという利点があります。

 

成功すれば市場が大きいだけに人生が変わるほどの収入を得る可能性も出てきます。是非、前向きに楽しく取り組んでみてください。

 

スポンサーリンク

 

 

■この稼ぎ方に興味のある人はこんな稼ぎ方もオススメ!
読書で稼ぐ
ネットショップで稼ぐ
キャラクタービジネスで稼ぐ

 

 

元手0から月収300万円稼ぐまでの3ステップを公開